見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・16日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から8日
    ┗「霜降」まで7日
    仏滅
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 食生活【しょくせいかつ】


一日三回の食事になったのは、江戸時代から



授業に集中できない児童が増えたなどの原因に、朝食抜きの食生活が挙げられている。なかには、ヨーグルトのような軽食を朝食として給食する小学校まで出ているようだ。一日に三度の食事をバランスよくきちんと食べることこそ健康づくりの基本ということは、どの医者も栄養士もいう。しかし、日本人が一日三回の食事をするようになったのは、一六世紀の終わり頃、せいぜい江戸時代、元禄文化の頃からだといわれている。それ以前の食事は朝と夕の二回だけだった。日の出の頃に朝食をとり、日の暮れる前に夕食を食べて寝るという生活習慣が続いていたようだ。その習慣を最初に崩したのは、戦国時代の武将や将兵たちらしい。戦場ではいつ戦いになるかわからない。朝早く起きて食事をし、夜も遅くまで起きていなくてはならない。朝食と夕食の間隔が長いと当然お腹がすく。そこで間に食事をとるようになったのが「中食(ちゅうじき)」、つまり昼食のはじまりだった。町民のほうはまだ二食だったが、戦乱の世が終わって安定した社会が訪れ経済も発展すると、生活形態も変わってくる。労働分担や労働時間がはっきりしてきて、やはり朝食と夕食の間が空くようになった。そこで軽く間食を食べていたものが、やがてきちんとした食事として定着するようになる。武士も、登城という形で出勤する官僚となり、朝から晩まで城に缶詰にされる。そんな彼らは弁当持参で登城するようになっていったようだ。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820428
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:植物  女性専用車両  ショートケーキ  昭和基地  

   


  1. 雑学大全2>>    >    食生活
  1. ◆「食生活」の関連ワード

  2. 植物

  3. 女性専用車両

  4. ショートケーキ

  5. 昭和基地


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2