見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・16日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から8日
    ┗「霜降」まで7日
    仏滅
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 渋谷【しぶや】


渋谷の「渋」は、赤サビの色?



東京にある若者の街「渋谷」。一説によると、昔、この地を流れる川があったが、鉄分を多く含んでいたために、赤サビのような「シブ色」だった。そこで、その川を「シブヤ川」というようになり、珍しい色の川にちなみ、「シブヤ」と呼ばれるようになったという。それでは、「渋谷」の「谷」はどこからきたのだろうか。実は、この川が谷あいにあったことからだという。ほかには、現在の渋谷付近は昔は入り江で、「塩谷の里」と呼ばれていたのだが、いつしか「塩谷」がなまって「渋谷」に変わってしまったという説もある。また、平安時代の終わりに、渋谷地域を治めていた領主の河崎重家が、京都の御所に忍び込んだ賊を捕らえるという手柄をあげ、このときの賊の名が渋谷権介盛国という名であった。そこで、河崎の手柄を称えるために、賊の名である「渋谷」という姓を賜り、そこから「渋谷」になったともいわれる。賊の名を賜ることが名誉なことかどうかはさておき、河崎に渋谷の名を与えたのは堀川の院だとされるから、それはそれで名誉なことだったのだろう。なお、いずれも定説にはなっていない。ところで、渋谷の街がいまのような若者の街になったのは、およそ一九六四(昭和三九)年の東京オリンピック以降である。オリンピックの選手村跡が代々木公園となり、渋谷駅からそこへ向かう公園通りには、デパートや劇場が立ち並ぶようになったのである。加えて、近郊の原宿、青山などファッション街ともつながるようになり、とくに若者に支持される街となっていったのである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820390
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:死亡広告  指紋鑑定法  自動販売機  辞典  

   


  1. 雑学大全2>地理>場所    >    渋谷
  1. ◆「渋谷」の関連ワード

  2. 死亡広告

  3. 指紋鑑定法

  4. 自動販売機

  5. 辞典


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2