見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・17日
    ・水(Wednesday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から9日
    ┗「霜降」まで6日
    大安
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(うま)
    月齢:8
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 サンドイッチ【さんどいっち】


名前の由来となったサンドイッチ伯爵の「その後」



薄く切ったパンのあいだに肉や野菜などをはさんだサンドイッチ。昼食やピックニックのときに重宝する食べ物であるが、この「サンドイッチ」という言葉が使われはじめたのは、一八世紀後半、イギリスにおいてであった。ジョン・モンタギュー・サンドイッチ伯爵(一七一八?九二)はたいへんなカード賭博好きだったらしく、ついたあだ名が「ひったくりジミー」。ゲームが続いている間は食堂へ行くこともせず、あるとき、召使が持ってきたトーストコールドビーフをはさんだものを食べながらゲームを続けたという。このときの記録が連続二四時間。このエピソードから、サンドイッチ伯爵の名前にちなんで、あの「サンドイッチ」は誕生したといわれている。ところで、彼の本職は海軍大臣だった。しかし、大臣としてはあまり有能ではなかったようで、アメリカで独立をめぐって戦争が起こっていたとき、サンドイッチ伯爵は貴族の立場を守ろうとして、アメリカ独立肯定派をあからさまに侮辱してしまった。これがかえって独立肯定派をあおりたてる結果になってしまい、後に彼は「アメリカ独立戦争に敗れた原因」ともいわれるようになったようだ。ほかにも彼は国務大臣や郵政大臣なども歴任しているが、いずれも評判はよくなく、あまり愛された人物ではなかったらしい。しかし、食べ物の「サンドイッチ」はいまや世界の人々から愛される食べ物となっているのは、まさに歴史の皮肉といえる。ちなみに、パンに肉や野菜をはさんで食べる方法はサンドイッチ伯爵が最初に考え出したわけではない。昔からフランスでは農民が仕事へ行くのに黒パンに肉をはさんで持って出かけ、旅人も肉をはさんだパンを持って旅に出ていたという。古くは古代ローマにもあって、「オッフラ」と呼ばれ日常どこでも食べられていたそうだ。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820367
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 雑学大全2>生活>食べ物    >    サンドイッチ
  1. ◆「サンドイッチ」の関連ワード

  2. サンドバッグ


  3. サン=テグジュペリ

  4. サンタクロース②


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2