見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・17日
    ・水(Wednesday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から9日
    ┗「霜降」まで6日
    大安
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(うま)
    月齢:8
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 サン=テグジュペリ【さんてぐじゅぺり】


飛ぶことは大好きだったが、実は操縦が下手で事故の連続



フランスの作家であり飛行家のサン=テグジュペリは、一九二二年に空軍パイロット資格を取得。一九二六年、ラテコエール航空会社に入社し、定期郵便飛行に従事する。その経験を活かして執筆した『夜間飛行』は、一九三一年にフェミナ賞を受賞しベストセラーとなった。一九四〇年、フランスへのドイツ軍侵入により彼はアメリカへ亡命。亡命中の一九四三年春に、挿し絵も自分で描いた哲学的な童話の名作『星の王子さま』が出版された。彼は作家としての成功後も、生涯飛行家を続けた。「飛行機に乗るのと文学作品を書くのとどちらが重要か」と質問されたとき、「わたしにとって、飛ぶことと書くことはまったく一つなのです」と答えたという。小説の執筆と同じぐらい空を飛ぶのが大好きで、空を駆けめぐりながらすばらしい作品を創造したサン=テグジュペリだが、実は、パイロットとしてはあまり優秀ではなかったらしい。彼が航空会社に入社したとき、面接をした営業主任のディディエ・ドーラは、「パイロットという職業に対する適性がこの男にあるかどうか、きわめて疑わしいと思って心配しました」(稲垣直樹著『サン=デグジュペリ』清水書院)という。なんとかテストに合格して同社に入社し、同社退職後は、『夜間飛行』の印税で自分の飛行機を買ったが、最初の機は砂漠で大破して、自身も危うく死にかけた。懲りずに貯金をはたき、借金までして買った二機目は、わずか一年半後、中米グアテマラで離陸に失敗してスクラップになり、またもや死にかけた。気圧の低い高所では、通常、機体を軽くするために燃料を満タンにはしないのだが、彼は補助タンクにまで燃料を満タンにして離陸しようとしたため、機体が重くて飛び上がれなかったのだという。気持ちのうえでは書くことと飛ぶことが同じでも、どうやら才能は同じではなかったようである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820366
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 雑学大全2>趣味>芸術    >    サン=テグジュペリ

A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2