見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・21日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から13日
    ┗「霜降」まで2日
    先負
    ・十支:(ひのえ)
    ・十二支:(いぬ)
    月齢:12
    月名(旧歴日):十二日月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ゴルフ【ごるふ】


一ラウンド=一八ホールとウイスキーの深い関係



ゴルフの一ラウンドは一八ホールというのは当たり前と思っているが、一〇でもないし二〇でもない、とくに切りのいい数字ではないのはなぜだろうか。一ラウンドが一八ホールというのは、いまから一五〇年ほど前の一八五八年、全英オープンなどで知られるゴルフクラブ総本山「R&A(ロイヤル・アンド・エンシェント・ゴルフクラブ・オブ・セント・アンドリュース)」の会議で決定した。その理由が、ウイスキーを飲むことにこだわった長老の意見で決まったというから驚きだ。会議では、ホール数がなかなか決まらず、意見が分かれて結論が出そうにもなかった。そこである長老の会員が、いきなりこう切り出したという。「ホールを回るときには、気付け薬がわりにウイスキーを飲む。私は一ホールごとにウイスキーグラス一杯飲むことにしている。グラス一杯のウイスキーを一八杯飲むと、ウイスキーボトルが空になるから、一八ホールがちょうどいいだろう」。この意見に、ほかのクラブ会員たちが押し切られたのだという。こんな変わった理由がまかり通ってしまったのだから、よほどの名案だったのだろう。しかし、ゴルフラウンドの間にボトル一本は多すぎるし、紳士のスポーツには似つかわしくないと日本人の私たちは思うかもしれないが、ゴルフ発祥の地スコットランドはスコッチウイスキーで有名な地方である。しかも風の強いスコットランドでは、体を温めるためにウイスキーを飲みながらプレーするのは、ごく当然のことだったのである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820330
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:コロンブス①  コロンブス②  五稜郭    

   


  1. 雑学大全2>趣味>スポーツ    >    ゴルフ
  1. ◆「ゴルフ」の関連ワード

  2. コロンブス①

  3. コロンブス②

  4. 五稜郭



A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2