見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・19日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から11日
    ┗「霜降」まで4日
    先勝
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:10
    月名(旧歴日):十日夜の月(とおかんやのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 きしめん【きしめん】


なぜ漢字で「棊(碁)子麺」と書くのか?



名古屋といえば、味噌煮込みうどん、味噌かつ、きしめん、ういろう、そして、金の鯱だろうか。このなかの「きしめん」は、薄くて平べったい麺のこと。この「きしめん」の由来は、雉きじの肉を入れたうどんからきているとか、紀州から伝わってきたから「紀州麺」と呼ばれ、それが転じたものなどともいわれている。しかし、「きしめん」を漢字で書くと、「棊子麺」もしくは「碁子麺」。「棊子」も「碁子」も「碁石」のことで、碁石といえば、丸い石で、きしめんとは形がまったく違う。ではなぜ碁石の麺なのか。「碁子麺」は、もともと中国から日本に伝わったもので、禅寺で間食、つまりおやつとして食べられていた。小麦粉を水で練って、薄く平らに伸ばし、竹筒の端で丸く押し切り、それを、ゆでてきな粉をふりかけたものだった。それが、江戸時代初期に細長い麺に変わったが、名前だけは「棊(碁)子麺」として残ったというわけだ。なお、江戸では、平打ちうどんを「ひもかわ」と呼び、信濃の開田村や薩摩では、そば粉で「棊(碁)子麺」をつくったという。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820211
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:キス  北里柴三郎  菊池寛  議員バッジ  

   


  1. 雑学大全2>生活>食べ物    >    きしめん
  1. ◆「きしめん」の関連ワード

  2. キス

  3. 北里柴三郎

  4. 菊池寛

  5. 議員バッジ


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2