見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・16日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から8日
    ┗「霜降」まで7日
    仏滅
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 キス【きす】


ルーツはなんとお互いに嗅ぎあう行為だった!



欧米では親愛の情をあらわす挨拶の一つであるキス。日本人にとっては、友人だからといってキスをするのは抵抗があるものだが、恋人同士なのにキスをしないという人はいないだろう。そういう意味では、シャイ日本人にとっても、キスは愛情表現の一つとして定着している。このキス、とてもロマンティックな行為に思えるが、そのルーツをたどると、少し奇妙である。そのはじまりは、相手の匂いを嗅ぎあうことだったのだ。少しリアルに想像すると、イヌやネコが互いにクンクンと相手の匂いを嗅ぎあっている、あの行為とそれほど違わないわけである。どうしてこうも動物は、匂いに対して執着するかというと、異性の魅力の大きな部分を匂いが占めているからという。心理学者のネッケによると、匂いを嗅ぐことが性感帯を刺激することにもなったという。だから人間同士の間でも、相手の匂いを嗅ぐことがはやったようだ。互いに鼻と鼻を合わせたり、相手の身体の匂いを嗅ぐことを嗅覚接吻という。昔ほどではないにしても、いまでも気づかぬうちに、相手の匂いに幻惑されている部分は、意外と多いのかもしれない。さて、日本人が、いつからキスをはじめたのかは定かではないが、江戸時代のオランダ人による日本研究書に、「日本にはキスの習慣がない」と書かれているから、江戸時代まではキスは定番の行為ではなかったようだ。ちなみに、キスを「接吻」と訳したのは、江戸時代のオランダ商館長ヘンドリック・ドゥーフ(オランダ語辞典『和蘭字彙』の編者)で、一方、キスを「口づけ」としたのは、詩集『海潮音』の訳者、上田敏だとされている。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820212
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:北里柴三郎  北原白秋  きしめん  菊池寛  

   


  1. 雑学大全2>ヒトの不思議>男と女    >    キス
  1. ◆「キス」の関連ワード

  2. 北里柴三郎

  3. 北原白秋

  4. きしめん

  5. 菊池寛


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2