見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・11日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から4日
    ┗「冬至」まで11日
    先負
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 インスタント【いんすたんと】


商品化はラーメンが先、ネーミングはコーヒーが先



英語で「瞬間、即時」をあらわす言葉、「インスタント」。日本語では、手を加えずにすぐ食べられるものをさす言葉として定着している。そんなインスタント食品の代表格で双璧をなすのが、インスタントラーメンインスタントコーヒーだろう。インスタントラーメンは、一九五八(昭和三三)年に誕生した。この年発売された日清食品の袋入り「チキンラーメン」がそのはじまりである。キャッチフレーズは「湯をかければ二分でOK」。その手軽さと一袋三五円という安価が受け、またたく間に人気商品となった。一方、インスタントコーヒーがこの世に誕生したのは一九〇一(明治三四)年のこと。アメリカで開催されたパンアメリカン博覧会で、日本人化学者、加藤博士が発表したのがはじまりとされる。ただし、当時の名前は「ソリュブルコーヒー」(soluble coffee=溶けるコーヒー)。インスタントコーヒーという言葉が使われるようになったのは、一九六〇(昭和三五)年に、森永製菓が「インスタントコーヒー」を発売したことに端を発する。このインスタントコーヒーという名前をきっかけに、ラーメンをはじめ、様々な食品で「インスタント」という言葉が使われるようになった。ちなみにインスタントラーメンの場合、当時は袋入りの中華麺だけだったが、いまではそばやうどん、やきそば、スパゲッティまで、あらゆる即席麺が存在する。それでも即席麺の約八五パーセントが中華麺で占めているため、現在もインスタント麺全体をインスタントラーメンと呼ぶことが多い。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820064
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:インターネット  インド  飲酒運転  色②  

◆「インスタント」がよく分かる関連まとめ


   


◆関連最新まとめ


  1. 雑学大全2>そーだったんだ!>由来    >    インスタント
  1. ◆「インスタント」の関連ワード

  2. インターネット

  3. インド

  4. 飲酒運転

  5. 色②


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2