見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・23日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気:「霜降
    大安
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(ね)
    月齢:14
    月名(旧歴日):小望月(こもちづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ワイン生産世界一【東京雑学研究会編】


§世界一のワイン国はフランスではない



やれブルゴーニュだ、やれボルドーだと、人それぞれに味や好みをいい、どこそこのシャトーの何年ものがおいしいなどとウンチクを傾けることができるから、ワインに関してはフランスが世界一の生産国かと思っていたら大間違いだ。
単純に国別にワインの生産量を比較すると、世界一はイタリアである。
フランス格付けを行ってワイン産地、ひいてはその原料となるブドウの栽培地を限定しているのに比べ、イタリアは国内二〇すべての州でブドウ栽培が行われ、ワイン農家の数だけでも一〇〇万を超えるという。いちばんポピュラーキャンティを産出しているのはトスカーナ州だ。ほかにもピエモンテ、独特の風味を持つシチリア島など、イタリアワインの守備範囲は広い。
この両国につぐ第三のワイン生産国は、スペインである。ブドウ栽培の耕地面積だけを比較すれば、こちらが世界一だ。
デザートワインとして親しまれているシェリー酒を産するアンダルシア地方のヘレス・デ・ラ・フロンテラを筆頭に、カタルーニャ地方、内陸部のリオハなど著名な産地も多い。
かつてスペインの植民地だったアルゼンチンやチリといった南米産ワイン、味・品質ともに格をあげて日本でもファンが増えたアメリカのカリフォルニアワインやオーストラリアワインと、フランスだけに独占させないという世界のワイン農家の意気込みがうかがえるワイン醸造界である。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670954
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 雑学大全>生活>飲み物    >    ワイン生産世界一
  1. ◆「ワイン生産世界一」の関連ワード

  2. ワインの効果

  3. 若山牧水

  4. ワイングラス②

  5. ワイングラス①


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全