見出し語 全文 ランダム



  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・6日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「小雪」から14日
    ┗「大雪」まで1日
    友引
    ・十支:(ひのと)
    ・十二支:(うし)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

シャトー

  シャトー

     【解説】①城。館{やかた}。大邸宅。【補足解説】日本ではマンションやホテルの名に用いられる。【解説】②フランスのボルドーのブドウ園。・・・

  シャトーブリアン

     【解説】ヒレ肉の網焼きステーキ。【補足解説】フランスの文学者・政治家であるシャトーブリアンの家のコックが創案したものといわれる。・・・

  シャトー・ワイン

     【解説】フランスのボルドー地方産の高級ワイン。・・・

  シャトー ロバード(CHATEAU de LAUBADE)

     シャトー ロバードVSOPアルコール度数40度容量700ml参考価格4719円〔輸入元〕(株)明治屋世界各国で数々の賞に輝いたオーク樽熟成のアルマニャック世界各国の品評会で数々の賞を獲得している高品質のアルマニャック・メーカー。バ・アルマニャック地区ソルベ村にあり、ぶどう栽培から・・・

  シャトーヌフ デュ パプ(Chateauneuf du pape)

     生産者:ドメーヌ ピエール・ユッセリオアルコール度数:15%以上16%未満色:赤参考価格:6510円輸入元:ザ ヴァインかつてローマ法王も愛飲したであろう高名な赤ワイン【品種】グルナッシュ主体、シラー、ムールヴェードル「法王の新しい城」の意味を持つシャトーヌフ デュ パプ。この名・・・

  シャトー デュ クレレ ミュスカデ セーヴル エ メーヌ シュール・リー(Ch.du Cleray Muscadet Sevre et

     生産者:ソーヴィオン社アルコール度数:12%色:白参考価格:2520円輸入元:日本リカーすがすがしくのどを潤してくれる酸味のきれいな白【品種】ミュスカデ(別名ムロン ド ブルゴーニュ)ロワール地方で栽培されるミュスカデ種100%の白ワイン。フレッシュでさわやか。しっかりとした味の・・・

  シャトー サン ミシェル(Ch.Saint Michel )

     生産者:シャトー サン ミシェルアルコール度数:15%未満色:赤参考価格:2205円輸入元:中島董商店格付け2級の名門レオヴィル ラス カーズが手がけるバリューボルドー【品種】メルロー主体、カベルネ・フランボルドー1級並みの実力と讃えられる2級シャトーのレオヴィル ラス カーズ。・・・

  シャトー プピーユ(Ch.Poupille)

     生産者:シャトー プピーユアルコール度数:12.6%色:赤参考価格:2730円輸入元:モトックスメルロー100%にこだわるカリスマ生産者ペトリュスと互角の戦い【品種】メルローボルドーでは珍しくブレンドではなく、メルロー100%の単一品種に徹底してこだわった生産者フィリップ・カリー・・・

  シャトー トゥール ド ミランボー リゼルヴ(Ch.Tour de Mirambeau Reserve )

     生産者:シャトー トゥール ド ミランボーアルコール度数:12.7%色:赤参考価格:2205円輸入元:モトックスモンペラで有名なデスパーニュ家の名声を築く原点となったワイン【品種】メルロー主体、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フランモンペラといえば著名なワイン評論家が絶賛し、・・・

  シャトー ペトリュス(Ch.Petrus)

     生産者:シャトー ペトリュスアルコール度数:13.5%色:赤オープン価格輸入元:エノテカシンデレラワインの元祖今や五大シャトーと並ぶステイタスを誇る【品種】メルロー主体、カベルネ・フラン今でこそ五大シャトーに並ぶ知名度を持つペトリュスだが、20世紀半ばまではアメリカや英国ではほと・・・

  シャトー ベレール(Ch.Belair )

     生産者:シャトー ベレールアルコール度数:13%色:赤参考価格:7000円前後輸入元:エノテカ石灰岩の土壌に由来するポテンシャルの高さを秘めた長熟型ワイン【品種】メルロー主体ボルドー右岸の代表産地サンテミリオンは、メルロー主体の赤ワインが多い。なかでもベレールは地区内で最も古い歴・・・

  シャトー カルボニュー(Ch.Carbonnieux)

     生産者:シャトー カルボニューアルコール度数:13%色:白参考価格:6615円輸入元:ファインズ帆立貝をモチーフにしたラベルの高級辛口白ワイン【品種】ソーヴィニヨン・ブラン主体、セミヨングラーヴの土壌は、名前の通り砂利(グラーヴ)が多く、水はけがよい。カルボニューはグラーヴでも有・・・

  シャトー ディケム(Ch.d’Yquem)

     生産者:シャトー ディケムアルコール度数:13.5%色:白オープン価格輸入元:エノテカ一本の樹からできるのはグラス一杯ほどの量甘い甘い神の雫【品種】セミヨン主体、ソーヴィニヨン・ブラン世界三大貴腐ワインのひとつに数えられるソーテルヌの白。なかでもディケムはソーテルヌの格付けにおい・・・

  シャトー ラネッサン(Ch.Lanessan )

     生産者:シャトー ラネッサンアルコール度数:12.5%色:赤参考価格:3000円前後輸入元:エノテカR・パーカー氏も高評価造り手のワイン哲学が明確に伝わる味わい【品種】カベルネ・ソーヴィニヨン主体、メルロー、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド所有者が変わることの多いボルドーにおい・・・

  シャトー トゥール デュ オー ムーラン(Ch.Tour du Haut-Moulin )

     生産者:シャトー トゥール デュ オー ムーランアルコール度数:12.5 %色:赤参考価格:3000円前後輸入元:エノテカ凝縮感に富んだ力強い味わいのお値打ちシャトー【品種】カベルネ・ソーヴィニヨン主体メルロー、プティ・ヴェルドこってりとした肉料理に合わせられるような重厚な赤ワイ・・・

  シャトー ジスクール(Ch.Giscours )

     生産者:シャトー ジスクールアルコール度数:13%色:赤参考価格:7000円前後輸入元:エノテカルイ14世も愛飲したといわれるマルゴーでも指折りの名門シャトー【品種】カベルネ・ソーヴィニヨン主体メドック地区でもとくに人気の高いマルゴー村。村内には格付けシャトーが21もひしめく。な・・・

  シャトー ラグランジュ(Ch.Lagrange)

     生産者:シャトー ラグランジュアルコール度数:13%色:赤参考価格:7875円輸入元:ファインズサントリー社の買収で急激な品質向上を果たしたシャトー【品種】カベルネ・ソーヴィニヨン主体メドック地区の格付け3級シャトー。一時期、評価が低迷していたものの、1983年に日本のサントリー・・・

  シャトー ランシュ バージュ(Ch. Lynch Bages)

     生産者:シャトー ランシュ バージュアルコール度数:13%色:赤参考価格:8000円前後輸入元:エノテカ2級並みの実力と評される5級の名門【品種】カベルネ・ソーヴィニヨン主体メルロー、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド格付けは5級ながらも「2級並みの実力」と評され、価格も2級並み・・・

  シャトー ラトゥール

     ラベルに描かれた塔は、17世紀からこのシャトーを見守ってきた建物。設備拡充後、より高品質なワインを安定的に生産している。所在地はポイヤック村。・・・

  シャトー オー ブリオン

     1855年の格付けで唯一メドック地区以外で格付け入り、しかも1級にランクされた名門シャトー。ナポレオン政権下の外相タレイランがシャトーを所有した時代は、ウィーン会議など重要な外交の場においてふるまわれた。生産量の大半は赤だが、少量ながら生産されている白ワインも名品として名高い。所・・・

  シャトー カロン セギュール(Ch. Calon Segur)

     生産者:シャトー カロン セギュールアルコール度数:13%色:赤参考価格:1万円前後輸入元:エノテカハートラベルが目印愛を伝える贈り物にぴったりのワイン【品種】カベルネ・ソーヴィニヨン主体、メルロー、カベルネ・フランハートのラベルがトレードマーク。その由来は18世紀ごろのオーナー・・・

  シャトー マルゴー

     文豪へミングウェイがこよなく愛したこのワインの名前を孫娘につけた(故・女優マーゴ・へミングウェイ)逸話は有名。映画『ソフィーの選択』ではメリル・ストリープ演じる主人公ソフィーがこのワインを味わい、渡辺淳一の小説『失楽園』では主人公とその愛人がこのワインに毒薬を入れて心中するなど、・・・

  シャトー ムートン ロートシルト

     1855年のメドック格付けを唯一覆し、1973年に2級から1級に昇格したシャトー。ラベルの絵柄を毎年違う有名芸術家(ダリ、シャガール、ピカソ、ミロなど)が手がけてきたことでも有名。その報酬はムートンのワインで支払われるという。海外での活躍も目覚ましく、カリフォルニアとの合弁事業に・・・

  シャトー ラフィット ロートシルト

     ブルゴーニュワインばかり飲まれていたフランス宮廷において、ルイ15世の愛人ポンパドール夫人が愛飲するようになったことをきっかけに、ボルドーワインが脚光を浴びるようになったという逸話を持つ。所在地はポイヤック村。・・・


list2