見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・9月(長月/September)
    ・23日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気:「秋分
    先負
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(うま)
    月齢:13
    月名(旧歴日):十三夜月(じゅうさんやづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ワイン①【東京雑学研究会編】


§赤・白・ロゼ、ワインの違いは何?



ワインは、色調によって赤、白、ロゼの三種類に分けられるが、色以外に一体どこが違うのだろうか。
この三種類のワインは、実は原料のブドウ選びから製造の過程に至るまで、全く異なるのである。
まず、赤ワインは、果皮が黒または濃赤色系のブドウを原料にもちいる。果皮、種子を分離せずに発酵させ、果皮中の色素と種子中のタンニン質を酒液中に溶出させたもので、渋みのある重厚な香味を持つ。おおむね完全発酵を行うので残糖がなく、ほとんどが辛口である。血のような真っ赤な色となる理由は、発酵・醸成の途中でブドウの皮が溶けるからだ。フランスが得意とするのが、この赤ワインである。
ワインは黄ないし緑、または淡紫色のブドウをもちいる。皮を除き、果肉だけをつぶして発酵させるため、まろやかな甘みが出せる。淡泊、爽快な味を持ち、渋みは少ない。しかし、黒色ブドウでも果肉の赤くないものは、手早く搾汁して白ワインにすることができる。白ワインは残存糖量によって辛口と甘口に区別される。白ワインの本場はドイツだ。
ロゼワインは、黒色ブドウを赤ワイン同様に仕込み、発酵液が色づき、ブドウが発酵し始めたときに皮だけを取り去ってしまう。そのあと、液部のみを続けて発酵させる。色も味も赤と白の中間のもので、味に渋みはない。また、黒白両系統のブドウを混ぜてもちいることもあり、より低価格のものでは、赤ワインと白ワインブレンドしてつくるものもある。
このように三種類のワインは、素材と製法が異なるのだ。さらに、おいしく飲める温度にも差がある。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670950
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 雑学大全>生活>飲み物    >    ワイン①

A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全