見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・17日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から10日
    ┗「小雪」まで5日
    先勝
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(うし)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ワイン②【東京雑学研究会編】


§赤ワインと白ワインの適温が違うのはどうしてか?



ワインには赤、白、ロゼなど、いくつか種類があるが、ワイン本来の味をしっかり楽しみたいのなら、飲むときの適温も異なるという。それは一体どういうわけだろう?
人間の味覚は、温度が低くなればなるほど、甘みの感じ方がにぶくなり、渋みや苦味を強く感じるようになる。この味覚の原則をワイン本来の性質に当てはめてみれば、よくわかる。
ワイン、白ワイン、ロゼワインの味の違いは、含まれる酸味成分(有機酸)の違いによるもの。白とロゼの有機酸は、主として酒石酸とリンゴ酸。大部分の赤ワインは、マロラクチック発酵を行って、リンゴ酸が乳酸に変わっているため、主な有機酸は酒石酸と乳酸である。
リンゴ酸は低温でおいしく、乳酸は比較的高温の方がおいしい。冷やして飲む飲料にリンゴ酸が含まれているのが多いのは、このためである。したがって、渋みのある赤ワインは、比較的高温でおいしく、白ワインは少し冷やすと、甘みが抑えられ、酸味を楽しむことができるというわけ。しかし、まろやかな味や香りを楽しみたいのなら、冷やしすぎないように注意する必要がある。ロゼワインは、白ワインと同様に考えてよいそうである。安いテーブルワインで、渋みのない軽い赤なら、冷やしてもおいしく飲める。ちなみに価格の高いワインほど、高温にするのがいいそうである。
ワインを飲む温度は、飲む人の好みで決めていいものだが、大体の範囲としては、白ワインは五~一四度、赤ワインは五~一八度、発泡性ワインは四~七度となる。
以上を参考に、気楽にワインを楽しんでみてはいかが……? 気楽な飲み方といえば、グラスワインと少量の氷を入れて飲むのもお勧めだそうである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670951
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 雑学大全>生活>飲み物    >    ワイン②

A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全