見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・19日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から12日
    ┗「小雪」まで3日
    先負
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(う)
    月齢:11
    月名(旧歴日):十日余りの月(とおかあまりのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 水戸黄門【東京雑学研究会編】


§水戸黄門は悪をよく知る男だった?



正義の味方よろしく、葵の紋どころ入りの印籠を出して「ここにおわすを誰と心得る。先の副将軍・・」とお決まりの台詞で、伝家の宝刀である印籠を出して、悪代官や欲深い商人をさばく水戸黄門
これはテレビ番組上のことであるが、実際にも民政に尽力し、文化事業に熱心な名君として名高かった。
ところが、そんな水戸黄門であるが、若い頃はグレていたのだという。幼少の頃は利発で勇敢なことで知られ、いかにも優等生らしい性格だった。ところが、思春期を迎え、黄門さまにも青春の兆しが……。これまで、素直でいい子だったのに、人格が変わったかのようにグレ始めたのである。
まず、服装が派手になり、屋敷を抜け出しては遊廓にたむろして、酒色に耽溺した。態度もふてぶてしく、気に入らないと脇差しを抜いて暴れ出すので、周囲もほとほと手を焼いていたらしい。
多感な青春期にはありがちな話なのだが、黄門様の場合は度が過ぎていた。光圀の養育係であった小野角右衛門言員も手を焼いて、嘆いたという手紙が残されているくらいだ。
「あれでも東照権現様の御孫か、水戸様の御世継ぎかと、旗本衆が噂しているのをご存じか」
黄門様の乱行は一三歳から一八歳まで続き、その後パタッとやむ。たまたま手にした中国の『史記』に感銘を受け、学問に身を入れるようになったのである。
つまり、何事も中途半端はなかったということだ。遊ぶときは一生懸命遊び、学ぶときは誰よりよく学んだということなのだろう。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670915
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 雑学大全>ヒトの不思議>人物    >    水戸黄門

A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全