見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・23日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気:「霜降
    大安
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(ね)
    月齢:14
    月名(旧歴日):小望月(こもちづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ミロのヴィーナス②【東京雑学研究会編】


§ミロのヴィーナスの失われた二本の腕はどんな形だったのか?



古代ギリシア彫刻の傑作、パリのルーブル美術館にあるミロのヴィーナスを知らない人はいないだろう。大理石製で、高さ二〇四センチ。両腕は失われているが、バランスのとれた美しい姿は、世界中の人々を魅了し続けてきた。
だがこのヴィーナス像、制作年代・作者など、いまだ解明されていないナゾの彫刻でもあるのだ。そして失われた二本の腕は、どんなポーズをとっていたのだろうか。
ミロのヴィーナスは一八二〇年、エーゲ海のメロス(ミロ)島で農民によって発見された。両腕は、当初からすでに欠けており、同時に発見された腕の断片らしきものも、ヴィーナスのものであるのか定かではない。
はたして、彼女の両腕はどのようについていて、どんな格好をしていたのか。これについては、いくつかの仮説があるので紹介しよう。
・右手は腰布をつかみ、左手はリンゴを持ってその手を台木に載せている。(ドイツの考古学者、アドルフ・フルトヴェングラーの説)
・台木に載せた左手にリンゴを持ち、右手に載せた鳩にそれを食べさせようとしている。(スイスのゲイッケル・サロモンの説)
・両手に勝利の花輪を持って、左手を掲げている。(イギリスの彫刻家、ベルの説)
・腰布を右手で押さえ、左手で髪の束をつかみ、水に入ろうとしている。(ポーランドの解剖学者ハッセルの説)
・軍神マルスの隣に立ち、右手でマルスの右腕を抱き、左手はマルスの肩にあてがっている。(ドイツの彫刻家、ズール・ストラッセンの説)
美と欲望の女神、ヴィーナス像の正体とは? さあ、あなたはどう推理する?

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670917
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:ムカデ  婿入り  ミロのヴィーナス①  水戸黄門  

   


  1. 雑学大全>趣味>芸術    >    ミロのヴィーナス②
  1. ◆「ミロのヴィーナス②」の関連ワード

  2. ムカデ

  3. 婿入り

  4. ミロのヴィーナス①

  5. 水戸黄門


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全