見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・18日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から11日
    ┗「小雪」まで4日
    友引
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:10
    月名(旧歴日):十日夜の月(とおかんやのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ミツバチ【東京雑学研究会編】


§ミツバチは紫外線で花の色を区別している?



色あざやかに咲き誇る花々に、ミツバチが止まっているのを見ると、「人間もミツバチも、美しいものに惹かれるのは同じだな」と考える。だが、ミツバチが見ている花は、私たち人間が目にするものとは、必ずしも一致していないのである。
オーストリアの昆虫学者フリッシュが、ミツバチの色覚について研究したところ、ミツバチは赤い色をよく識別できないということがわかった。代わりに、人間にはとらえることのできない紫外線を通じて、色を感じているのである。
赤い花にもミツバチが止まっていることがあるが、これは、赤でも紫外線を含むものと含まないものがあり、ミツバチは、紫外線を含んでいる花の赤ならば、ちゃんと識別できるからである。
紫外線をとらえることができるのは、ミツバチだけではない。多くの昆虫は紫外線を識別できるし、チョウは人間が見るような赤い色をも識別できる。しかし、昆虫の目に映る花々は、人間が見るものとは、ずいぶん違っているのである。
昆虫が見ている花々の色は、紫外線フィルターを通した写真によって推測することができる。おそらく、人間が見ているよりも、ずっと多彩であろう。
花は、花粉を運んでくれる昆虫を惹きつけるために咲いていると考えられている。そうして受粉し、子孫を残そうとするのである。だから、植物は、より目立つ花を咲かせておのれの存在をアピールしている。
昆虫が識別できる紫外線色は、「蜜標」と呼ばれる部分にも含まれていることが多い。蜜標とは、花の中央で、違う色になっている部分のことで、人間の目でもわかるものもたくさんある。例えばパンジーなどの蜜標は、花びらとは違う、くっきりと濃い色になっている。この蜜標も、昆虫の目には、さらにはっきり映るものが多いのである。
ちなみに、熱帯地方には、赤い花の植物がたくさんあるが、これは、赤い色を好む鳥が、よく花粉を運ぶ花である。日本でも見られるメジロやヒヨドリなども、赤い色によく反応する。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670913
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:三菱鉛筆  水戸黄門  ミッキーマウス    

   


  1. 雑学大全>生物の不思議>昆虫    >    ミツバチ
  1. ◆「ミツバチ」の関連ワード

  2. 三菱鉛筆

  3. 水戸黄門

  4. ミッキーマウス



A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全