見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・15日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から8日
    ┗「小雪」まで7日
    大安
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(い)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 招き猫【東京雑学研究会編】


§招き猫のルーツは?



小首を傾げて前足をあげ、何かを手招きしているかのような招き猫。これが、客を招く縁起のいい姿だとされ、商売繁盛を願う商家では、縁起物としてよく飾られている。
招き猫がうまれたのは、江戸時代初期のことである。彦根藩主の井伊直孝は、現在の東京・世田谷一五村の領主でもあった。ある日、その辺りに鷹狩りに出かけ、弘徳庵というさびれた寺の前を通りかかったところ、門前に白い猫がいて、手招きするようなしぐさをする。
直孝が、その寺に入ってみたところ、激しい夕立ちが辺りを襲った。また、そこで住職が説いた三世因果の法話に、たいそう感銘を受けた。
直孝は、不思議な猫に招かれて豪雨をしのぎ、ありがたい法話に接したことを何かの縁と考え、この寺を再興させることにした。一六三八(寛永一五)年には、この寺に寺領と堂塔を寄進し、井伊家の菩提寺とした。
大名家の後ろ盾を得た寺は立派に復興し、その後、直孝の戒名、久昌院豪徳天英居士にちなんで、豪徳寺と名を変えた。
猫は、再興のきっかけを作ったとしてあがめられるようになった。商人が、この寺に参って、猫の絵のお札や、猫の置き物を授けられると、商売が繁盛するといわれ、あやかりたいと願う参詣人が、江戸じゅうからやって来るようになった。
豪徳寺の境内には、招福殿という御堂があり、そこには子どもの背丈ほどもある大きな猫の置き物、「招福猫児(まねきねこ)」が納められている。猫塚もまつられており、たくさんの招き猫が奉納されている。
ちなみに、井伊直孝を手招きした猫は、白い猫だったという以外、わかっていない。そのためか、招き猫の置き物は、白いものがほとんどであるが、このエピソードが広く知られるようになるにつれ、三毛猫ふうや、黒猫の招き猫も作られるようになった。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670900
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:幻の町  マムシ  マドリード  末端価格  

   


  1. 雑学大全>生物の不思議>動物    >    招き猫
  1. ◆「招き猫」の関連ワード

  2. 幻の町

  3. マムシ

  4. マドリード

  5. 末端価格


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全