見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・19日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から12日
    ┗「小雪」まで3日
    先負
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(う)
    月齢:11
    月名(旧歴日):十日余りの月(とおかあまりのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 マドリード【東京雑学研究会編】


§スペインの首都マドリードの名前は子どもが叫んだことからついた!?



スペインの首都マドリードは、イベリア半島のほぼ中央にある。標高六五五メートルもあって、ヨーロッパではいちばん高所に位置している首都でもある。
この地の北と北西はグアダラマ山脈、南と南西は乾いたラ・マンチャ地方に続き、東には荒れた石灰質の丘が広がっている土地である。ここは、気候的・地理的に違った三つの地方の接点にもあたる。
九世紀後半、マドリードはアラビア語でマジュリートと呼ばれる集落だった。それが、マドリードと表記されるようになったのには一つのエピソードがある。
一九世紀半ばのこと。ある日、母と一緒にピクニックに来ていた子どもたちがクマに襲われた。山桃の木に登って避難した子どもたちは、今度は母親に向かって「お母さん、逃げて!(Madre huid)」と叫んだ。それが縮まってマドリード(Madrid)となったのだ。これは、この国を旅行したアンデルセンが紀行文に書き残している。
マドリード市の紋章はクマが山桃の木によじ登ろうとしている図で、この名前の由来を表している。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670899
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:招き猫  幻の町  末端価格  松井須磨子  

   


  1. 雑学大全>地理>国・島・都市    >    マドリード
  1. ◆「マドリード」の関連ワード

  2. 招き猫

  3. 幻の町

  4. 末端価格

  5. 松井須磨子


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全