見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・19日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から12日
    ┗「小雪」まで3日
    先負
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(う)
    月齢:11
    月名(旧歴日):十日余りの月(とおかあまりのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 末端価格【東京雑学研究会編】


§末端価格は誰が決めているの?



末端価格の本来の意味は、生産者価格や卸売価格に対して小売価格のこと。簡単にいってしまえば、その商品を最終消費者が取引する際の価格のことである。
しかし、残念ながらこの名称が使われるときには、あまりよろしくないものが多い。例えば、麻薬や覚醒剤ピストルなどといった違法な商品に対して、つけられている値段を指すのが普通だ。
もちろん、裏で取引されているものだし、需要と供給のバランスもあるからきちんとした定価があるはずはない。これは、警察当局が具体的な取引から割り出した価格を、マスコミを通じて報道しているものなのだ。
ちなみに、末端価格があるからといって、先端価格があるわけではない。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670898
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:マドリード  招き猫  松井須磨子  マタ・ハリ  

   


  1. 雑学大全>生活>お金    >    末端価格
  1. ◆「末端価格」の関連ワード

  2. マドリード

  3. 招き猫

  4. 松井須磨子

  5. マタ・ハリ


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全