見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・17日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から10日
    ┗「小雪」まで5日
    先勝
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(うし)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 トビウオ①【東京雑学研究会編】


§トビウオはなぜ飛べるのか?



その名のとおり、海面をスイスイと飛ぶトビウオ。ほかの魚も水面からジャンプすることはあるが、ほんの一瞬、垂直に飛び上がるだけである。ところがトビウオは、ほぼ水平に長い距離を飛んで移動する。鳥でもないのに、どうしてあんなに飛べるのだろうか?
体の両脇で、まるで翼のように見えるのは、胸びれが大きく発達したものである。トビウオは、海面近くを泳ぎながら、尾びれを強く振ってスピードをつけると、水面からジャンプする。そして、この大きな胸びれと腹びれを振りながら、空中を飛ぶのである。
いわば、胸びれが飛行機の主翼、腹びれが尾翼で、尾びれが弾みをつけるためのエンジンの役目をしていることになる。いったん弾みがつけば、後はグライダーのように滑空することができる。
通常の飛行距離は、八~一〇メートルくらいだが、種類によっては、三〇〇~四〇〇メートル飛行するものもある。飛ぶ高さは、海面から三メートルくらい上で、時速五〇キロメートルものスピードが出るそうだ。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670682
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:トビウオ②  土俵①  都道府県  都電  

   


  1. 雑学大全>生物の不思議>魚類    >    トビウオ①
  1. ◆「トビウオ①」の関連ワード

  2. トビウオ②

  3. 土俵①

  4. 都道府県

  5. 都電


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全