見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・19日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から12日
    ┗「小雪」まで3日
    先負
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(う)
    月齢:11
    月名(旧歴日):十日余りの月(とおかあまりのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 テニス【東京雑学研究会編】


§テニスのゼロポイントを「ラブ」というのはなぜか?



最近ではお茶の間でウインブルドンの芝生のコート目にすることができる。ところで、テニスの得点のかぞえ方はなんとも奇妙で、腑に落ちない。最初のポイントは一五点、次が三〇点、その次は四〇点。そして、ゼロポイントを「ラブ」と呼ぶ。一体どうしてなのだろう。これには次のような諸説がある。
卵はフランス語で「ロフ」という。テニスゲームとして体裁を整え始めた頃、0(ゼロ)の形が卵に似ているので、ポイント0を「ロフ」と呼ぶことにした。やがてこのゲームイギリスに伝わったとき、「ロフ」の発音が難しかったので、それに近い音のlove「ラブ」に置き換えたという説。
また、loveにはもともとnothingあるいはzeroという意味があった。それらは死語のようになっていたが、フランス語をそのまま移入するより、自国語のloveを使うほうを選んだという。対フランス感情まるだしの説である。
イギリスの国技クリケットでは、打者の得点がゼロのとき、duck「あひる」とかducks egg「あひるの卵」という古くからの習慣があった。やはり、ゼロは卵に関係があるらしい。
これまでの説は、すでにあった数字のゼロに卵のイメージを重ねたものであったが、次の新説では、卵の観念が先で、それにゼロが結びついたようだ。
ゼロという数の観念がヨーロッパで最初に現れたのは、一三世紀のイタリアであったろうと言われている。したがって、一一世紀に生まれたポーム(テニスの原形)には、ゼロという得点のかぞえ方はなかったはずである。そこで使われたのが「最初から」という意味のラテン語 ab ovo(アブ・オボ)であったという説。しかも、「オボ」は「卵」という意味なので、「最初から」=「卵から」ということになる。これは、古代ローマの饗宴では卵をはじめに出したことに由来するらしい。
修道院生まれたこのゲームラテン語の「卵」=「はじめ」がゼロの代わりとしてすでに使われていたという新説には、なかなか説得力がある。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670640
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:テフロン加工  テレビCM  鉄道③  鉄道②  

   


  1. 雑学大全>趣味>スポーツ    >    テニス
  1. ◆「テニス」の関連ワード

  2. テフロン加工

  3. テレビCM

  4. 鉄道③

  5. 鉄道②


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全