見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・19日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から12日
    ┗「小雪」まで3日
    先負
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(う)
    月齢:11
    月名(旧歴日):十日余りの月(とおかあまりのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 つけボクロ【東京雑学研究会編】


§つける場所にも意味がある!つけボクロのおしゃれ



女性のおしゃれへの探究心はあくなきものがあり、いったんブームとなれば乗り遅れまいと誰もが歩調をそろえるものだ。それは今も昔も変わりなく、一七世紀ヨーロッパでは、それがつけボクロとなって姿を現した。
フランスでは「ムーシュ(蝿)」、イギリスでは「パッチ(つぎはぎ)」と呼ばれ、黒い絹や紙を好みの形に切り抜いて裏にゴム糊をつけて貼りつけるのだ。エリザベス朝時代に書かれた戯曲には「ビューティ・スポット」と呼ばれる描きボクロが登場しており、それがよりはっきりした形になったのがつけボクロのようだ。
つけボクロは、つけているとわかるからこそおしゃれだったから、形も星、月、ダイヤなどのはっきりした形が好まれ、フランスでは、貼りつける場所によって目の近くは「情熱的なムーシュ」、口のそばなら「コケットなムーシュ」などと、意味を持たせてアピールするようになっていく。
ほかにも、口とあごの間なら「沈黙」、額の真ん中なら「威厳」、鼻の頭なら「恥知らず」といったように、とんでもない場所に貼って、自分をアピールした。
一八世紀になっても流行は続いた。もともとは、顔にできたニキビの跡や傷を隠すのにつけボクロを利用していたのだが、当時は天然痘の跡のアバタのある人も多く、その流行が完全にファッションとして定着したのである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670626
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:漬物  津田塾大学  月見草    

   


  1. 雑学大全>生活>おしゃれ    >    つけボクロ
  1. ◆「つけボクロ」の関連ワード

  2. 漬物

  3. 津田塾大学

  4. 月見草



A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全