見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・18日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から11日
    ┗「小雪」まで4日
    友引
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:10
    月名(旧歴日):十日夜の月(とおかんやのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 炭坑節【東京雑学研究会編】


§福岡の民謡・炭坑節が全国区になった理由



「月が~出た出た~月が出た~」
このフレーズを聞けば、たいていの日本人なら、それが「炭坑節」だとすぐにわかるだろうし、その後を続けて歌える人も多いはずで、中には振り付けだって完璧という人もいるだろう。なにしろ「炭坑節」は日本で最も有名な盆踊りの音頭といっても過言ではないのである。
しかし、よく考えてみれば、福岡の三池炭鉱というごく一部の土地の民謡にすぎない歌が、ここまで全国区となり、ここまで全国の盆踊りの主役級に踊り出たというのも不思議な話。しかもその人気は、戦後間もないうちに全国区になっていたというのである。
実は、この人気のきっかけを作ったのは、レコード会社でもなく、三池炭鉱で働いていた人々でもなく、GHQなのである。
戦後、日本の復興に欠かせなかったのは石炭エネルギーである。そこでGHQと日本政府は石炭増産政策を打ち出したのだが、その際、治安を維持するために、三池や筑豊といった炭鉱にアメリカ兵を駐屯させた。
このとき、三池炭鉱に駐屯したアメリカ兵たちが「炭坑節」を聞いて大いに気に入り、覚えて歌いだしたのである。これに注目したのがNHKで、その様子をラジオ番組「炭鉱へ送る夕」で紹介したところ、とても評判が良く、「炭坑節」は人気沸騰。その後、レコード会社がレコードを発売したところ、レコードの生産が間に合わないほどだった。
ちなみに、「炭坑節」の歌詞に出てくる煙突は明治後期に三井田川炭鉱に作られたボイラー用煙突のことで、この歌詞は、その巨大さに驚いた地元の人たちの気持ちを歌ったもの。作者は地元の小学校の音楽教師で、一九一〇(明治四三)年に作られたものである。
今もアメリカの小学校教科書には、「炭坑節」が日本の代表的な民謡として紹介されている。GHQによって広められた日本の盆踊りの名曲は、現代のアメリカの子どもたちにまで紹介され続けているのだ。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670592
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:端午の節句  男女の生み分け方①  短歌と俳句  単位  

   


  1. 雑学大全>趣味>音楽    >    炭坑節

A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全