見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・15日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から8日
    ┗「小雪」まで7日
    大安
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(い)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 タカビー【東京雑学研究会編】


§タカビーは将棋用語



タカビー」は高飛車のことで、他人に対して傲慢な態度を取ること。
高飛車の語は、文字どおり将棋の飛車にちなんだ言葉だ。将棋で飛車と角は攻撃の中心となる駒で、この二つを主力に作戦が立てられるといっていい。
将棋の戦略は大きく分けると、飛車を敵陣に対して縦に使う居飛車と、横に使う振飛車の二つがある。
詳しく言うと、居飛車は飛車が最初の筋(先手なら2筋)から動かずに戦う戦法。振飛車は2筋以外の筋へ飛車を振って戦う方法で、先手なら、8筋の向かい飛車、7筋の三間飛車、6筋の四間飛車、5筋の中飛車、4筋の六間飛車、3筋の袖飛車をいう。1筋の場合は端攻めといい、通常は香を上げてその下に飛車を移す。
問題の高飛車は、居飛車戦法の一つで、飛車を自分の陣に引き戻さず、中段に浮かせたままで戦うことをいう。つまり、飛車を原位置より前方(通常は二段前方)に置いて戦う戦法だ。この戦法を取ると、戦局が一触即発になり、相手に大変な圧力を感じさせることになる。
こういったことから相手に横柄で高圧的な態度をとることを高飛車と呼ぶようになり、これが略されてタカビーとなった。
けれども現在の将棋界では高飛車という言葉は使われず、代わりに浮飛車という言葉が使われている。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670571
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:高村光太郎  たくあん  高杉晋作  太陽  

   


  1. 雑学大全>生活>コトバ    >    タカビー
  1. ◆「タカビー」の関連ワード

  2. 高村光太郎

  3. たくあん

  4. 高杉晋作

  5. 太陽


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全