見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・17日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から10日
    ┗「小雪」まで5日
    先勝
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(うし)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 すっぱ抜く【東京雑学研究会編】


§すっぱ抜くって、どういう語源なの?



すっぱ抜く」というと、人の秘密や隠し事などを暴くこと。例えば「週刊誌が政治家スキャンダルをすっぱ抜いた」「すっぱ抜き専門の週刊誌・◯◯」といった使われ方をしている。
この「すっぱ抜く」という言葉の語源は何なのだろう?
実は、この言葉、もともとは戦国時代にルーツがあった。
「すっぱ」というのは忍者を意味する戦国時代の言葉で当時は「素破」「透破」と書かれていた。鎌倉時代末、兵法の天才・楠木正成が伊賀忍者を大勢使いスパイ活動を行わせ、絶えず敵側の情報収集をして戦略に役立てていた。
楠木正成に雇われた忍者が思いもよらないところにも立ち入り、極秘の情報を奪っていったことから、人の意表をついて秘密を暴くことを「すっぱ抜く」というようになったのだ。
つまり「すっぱ抜く」は「すっぱのように人の秘密を暴く」ことだが、古い言葉では刀をスッパリ抜くことも「すっぱ抜く」といっていた。これは「すっぽ抜ける」と同じ意味で、「すっぱ抜く」の語源としてはこちらが本来のものらしい。これから忍者の「すっぱ」への連想が働いて「すっぱ抜く」という用法が生まれたとも考えられる。
ちなみにこれらの忍者には戦乱時はスポンサーがつくが、世の中が安定してくると職を失い、無頼の徒になる者が多かった。当然、中にはスリや盗賊に身を落として悪事を働く者もいたわけだ。
時代劇などで盗賊を「すっぱの皮」などと言うのは、こういった事情からだ。この場合の「皮」は「化けの皮」などからの応用で、特別な意味はないと考えられている。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670503
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 雑学大全>そーだったんだ!>由来    >    すっぱ抜く

A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全