見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・22日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から14日
    ┗「霜降」まで1日
    仏滅
    ・十支:(ひのと)
    ・十二支:(い)
    月齢:13
    月名(旧歴日):十三夜月(じゅうさんやづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ジャスミン油【東京雑学研究会編】


§一滴のジャスミン油には二〇〇輪以上の花が必要



香水や室内芳香剤、そして入浴剤でもおなじみのジャスミンは、モクセイ科の花。原産地は熱帯から亜熱帯にかけてで、ペルシア(現・イラン)やインドでは、古くから香油の原料にされてきた。中華料理店で出てくるジャスミン茶も、同じ仲間の植物を茶にしたものである。
ところが、このジャスミンは大変デリケートな植物で、温暖な気候と水はけのよい土地で、手間をかけなければ、なかなか育たない。近年では、南フランス、イタリア、エジプト、モロッコなどで栽培されているが、香りを抽出するのも、また苦労である。
ジャスミンの花は早朝に開花するのだが、日ざしに当たると香りの成分がどんどん失われてしまう。そのため、できるだけ朝の早いうちから作業を開始し、短時間でいっせいに摘み取らなくてはならない。
香りのエッセンスである精油は、石油エーテルで抽出するか、牛脂や豚油を塗ったガラス板に花を置いて抽出するのだが、それをさらにアルコールで再抽出し、水蒸気で蒸留して精製する
しかも、たった一滴の精油をとるために、二〇〇輪以上のジャスミンの花が必要なのである。
キログラムを出荷するためには、ざっと五〇~六〇万輪の花を摘まなくてはならない。これは、三五〇人が、二四時間働くことになるという。
これほどの人手がかかるのだから、人件費も莫大で、精油はとんでもなく高価なものとなる。世が世なら、王侯貴族しか嗅ぐことができなかった香りだろう。
「あれ? うちのトイレの芳香剤は、ジャスミンだけど安かったよ。おかしいな」と首を傾げる人がいることだろう。
こういった製品のジャスミンの香りは、当然のことながら、天然の花からとったものではない。ジャスミンの香りを模した、合成香料である。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670439
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:しゃっくり①  しゃっくり②  写真  ジャーナリスト  

   


  1. 雑学大全>生物の不思議>植物    >    ジャスミン油
  1. ◆「ジャスミン油」の関連ワード

  2. しゃっくり①

  3. しゃっくり②

  4. 写真

  5. ジャーナリスト


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全