見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・15日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から8日
    ┗「小雪」まで7日
    大安
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(い)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 写真【東京雑学研究会編】


§三人で写真を撮るとなぜいけないのか?



ジンクスにはいろいろあれど「死」と関係するものは、ちょっと後味が悪いものである。「三人で並んで写真を撮ると、真ん中の人が早く死ぬ」などというのもその一つだ。
迷信とはわかっていても、やはり進んで真ん中には行きたくないものである。では、なぜこのジンクス生まれることになったのだろうか。
このジンクス生まれたのは、なんと幕末である。写真が西洋から日本に伝わってすぐに、生まれジンクスなのだ。
当時の日本には年長者を立てるという礼儀があった。三人並んだときの真ん中は主役の座であり、年長者が立つ場所である。それを無視して若年者がそこに立たないよう戒めたのが、このジンクスの最初なのである。つまり、年長者をさしおくような行為をすると、先に死んでしまうよということなのだ。
この怖いジンクス生まれたのには、当時の人の恐怖も関係している。その自分の姿がそのまま写るという写真は今まで見たこともない文化だった。人々は興味と不安な気持ちで、これを受け止めていたのだろう。長崎で写真館がオープンしたときには「写真を撮られると命が短くなる」とデマが流れ、最初は誰も写真を撮りにこなかったという。
自分の姿をそのまま写すということは、魂を分割するようなもの。そこで、魂が吸われると思い込まれたのである。三人で写真を撮ると、中央にピントが合うため、その人だけはっきり写る。写れば写るほど魂が吸われると思われていたため「真ん中の人の命が短くなる」という迷信につながったのだ。
実際の写真の原理よりもデマや迷信の方がよく広がっていくもの。そのため、それを信じ込んで、今でもそう思い込んでいる人もいるわけだ。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670438
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 雑学大全>>    >    写真

A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全