見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・17日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から10日
    ┗「小雪」まで5日
    先勝
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(うし)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 小麦【東京雑学研究会編】


§小麦は幻覚剤だった!?



今や料理の材料としてかかせない小麦が、ときとして死に至るまでの猛毒性を持つことがあることをご存じだろうか。
それは、小麦の穂の中に、麦角という菌が寄生したときに起こる。
長さ約一~五センチ、紫黒色の角状をした麦角は、アルカロイドを含む有毒なもの。
小麦に一%未満の麦角がついても、中毒を起こしてしまう。
麦角に冒された麦から作ったパンを食べると、筋肉の収縮や脱疽(壊疽)をひき起こす。ローマ時代、麦角のついた小麦で、一年間に数万人の人が亡くなったという事実もある。
幻覚剤のLSDは、この麦角から取り出した成分をもとに造られているのだ。スイスサンド社で誕生したLSDの「L」は物質名のリゼルグ酸ジエチルアミド、「S」はサンド社、「D」は商品名デリシッドの頭文字を指す。
一九四三年、スイスの化学者アルベルト・ホフマンは、麦角の研究中、突然、奇妙な感覚に襲われた。それは「きわめて刺激的な一連の幻想をともなった、不快ではない酩酊状態」だったと、彼は記録している。
科学的好奇心にかられた彼が翌日、微量の麦角成分を口から服用してみると、まわりにいる人が彩色された漫画のように、あるいは水面に映った画像のように見えたという。同僚たちによれば、彼は反狂乱の状態で、なにやらつぶやきながら空ろな目つきをしていたということだ。
偶然発見されたLSDは、後にその幻覚作用から麻薬に指定された。しかしながら、陣痛促進剤、子宮止血剤など、医学的薬剤の一成分としても使用されている。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670356
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:ゴルフのカップ  コレステロール  ゴム  碁盤  

   


  1. 雑学大全>生活>食べ物    >    小麦

A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全