見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・20日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から13日
    ┗「小雪」まで2日
    仏滅
    ・十支:(ひのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:12
    月名(旧歴日):十二日月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 鯉のぼり【東京雑学研究会編】


§端午の節句にどうして鯉のぼりを立てるのか?



毎年五月五日には鯉のぼりが大空を泳ぐ姿が見られる。どうして端午の節句には鯉のぼりを立てるのだろう。
そもそも江戸時代、武士の家では端午の節句に家紋の入った旗を立てるという習慣があった。これを見た庶民が自分たちも何かを立てようということになった。
そこで、鯉の絵を描いたものを立てた。どうして鯉なのかというと、鯉は滝をのぼって龍になるといわれ、男の子の出世の象徴とされたからである。
ちなみに、鯉のぼりの上に取り付ける、青・赤・黄・白・黒の五色の吹き流しは、陰陽道の五行の色である。これも、魔除けになると信じられていた。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670310
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:紅一点  硬貨  碁石  元号  

   


  1. 雑学大全>ヒトの不思議>子供    >    鯉のぼり
  1. ◆「鯉のぼり」の関連ワード

  2. 紅一点

  3. 硬貨

  4. 碁石

  5. 元号


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全