見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・19日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から12日
    ┗「冬至」まで3日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 元号【東京雑学研究会編】


§日本にだけ元号があるのはなぜ?



「昭和」「平成」など、日本には西暦の年号のほかに、元号がある。これは、ただの習慣ではなく政令で定められたものであり、この制度があるのは、世界じゅうで日本だけである。
この元号の考え方は、古代の中国から来たものである。中国では、皇帝の代がわりか、祥瑞(めでたいこと)があるたびに、元号が変えられた。周辺の国々は、中国の元号を記した国書を持った使者を中国に派遣し、従うという姿勢を見せなくてはならなかった。
日本で元号が使われたのは、六四五年のことである。蘇我氏を討伐し、孝徳天皇が即位した「大化改新」の際に、「大化」の元号が用いられた。続いて、「白雉」の世となったものの、元号はしばらく途絶えてしまう。天武天皇の時代に、いったん「朱鳥」が用いられたが、再び途絶え、続けて使われるようになったのは七〇一(大宝元)年からのことである。このときの大宝令で、公文書には、必ず元号を記すことが定められたため、政治の上で元号はなくてはならないものとなり、律令制度とともに確立したのである。
日本でも、天皇の代がわりや祥瑞、そして災害があると、元号が改められた。平安時代以降には、六〇年に一度巡ってくる辛酉の年、甲子の年に改元をしないと災いが起こるという讖緯説に基づいて、改元がなされている。
南北朝時代には、南朝の天皇と北朝の天皇が、それぞれ別の元号を用いた。
現代のように、一人の天皇の治世は一つの元号で通し、それを変えないという一世一元の制となったのは、一八六八(明治元)年からのことである。この年の九月八日の改元詔書で、「今より以後旧制を革易し、一世一元以て永式と為す」と布告されている。
中国では、清朝が滅亡すると、元号は使われなくなった。そして今では、日本だけが世界で唯一の元号を使う国となったのである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670308
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:碁石  鯉のぼり  ケンカ  月曜病  

   


  1. 雑学大全>そーだったんだ!>由来    >    元号
  1. ◆「元号」の関連ワード

  2. 碁石

  3. 鯉のぼり

  4. ケンカ

  5. 月曜病


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全 
全辞書・辞典週間検索ランキング
[1位] Q:日本の南のほうで発生した台風は、はじめは、どちらの方角に動きますか。
教科書クイズ [東京書籍]
[2位] 智に働けば角が立つ情に棹させば流される意地を通せば窮屈だとかくに、人の世は住みにくい
名言名句の辞典 [あすとろ出版]
[3位] Q:たまごからかえったばかりのメダカの子どもがおなかにつけているものは、何ですか。
教科書クイズ [東京書籍]
[4位] Q:庄内(しょうない)平野では夏の季節風のことを何とよんでいますか。
教科書クイズ [東京書籍]
[5位] 火元責任者
雑学大全2 [東京書籍]
[6位] Q:台風が発生するのは、日本からみてどの方角ですか。
教科書クイズ [東京書籍]
[7位] Q:体内に運ばれてきた養分の一部を一時的にたくわえ、必要なときに、全身に送り出すはたらきをしているのは次のどれですか。
教科書クイズ [東京書籍]
[8位] Q:食べ物がだ液などで体に吸収されやすい養分に変えられたりすることを(  )といいます。(  )に入ることばは、次のどれでしょう。
教科書クイズ [東京書籍]
[9位] ゆく川の流れは絶えずしてしかも、もとの水にあらず
名言名句の辞典 [あすとろ出版]
[10位] 「驚く・驚き」に関する慣用句
日本語使いさばき辞典 [あすとろ出版]