見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・12日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から5日
    ┗「小雪」まで10日
    友引
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:4
    月名(旧歴日):四日月(よっかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 キリスト②【東京雑学研究会編】


§キリストが誕生したときに贈られた香りとは?



新約聖書の「マタイによる福音書」によると、イエスキリストエルサレムで誕生したとき、夜空には大きな星が光り輝いたという。昔から王者や救世主あるいは聖者が出現したとき、こういった現象が起こったと伝えられている。
救世主を探しに来ていた東方の三人の博士は、星を頼りにエルサレムをたずね、馬小屋で聖母マリアに抱かれたイエスキリストに出会った。博士たちは感激のあまり地面にひれ伏して拝み、宝の箱を開けて、黄金と没薬と乳香を捧げたのだ。
一説によるとイエスキリストの生誕の贈り物にちなんで、クリスマスプレゼントの風習が生まれたといわれている。
この場合、黄金は現世の王者、没薬は救世主、乳香は神をそれぞれ象徴している。
黄金が重宝されるのは言うまでもない。没薬は霊薬として万病にきく秘薬だった。そして、乳香はその芳香がかぐわしいため、神の前で祈るときの聖なる香料とされていたのだ。
この乳香とは、どんなものだったのだろうか?
古代エジプトでも国王や貴族などが亡くなってミイラにされた後、死者の魂を天上に送るためにこの乳香を焚いて荘厳な儀式を執り行っていた。乳香はオリバナムともいい、カンラン科のニュウコウジュからとれる芳香ゴム樹脂か、あるいは地中海原産のウルシ科の木から取れる樹脂のことをいう。
どちらも幹に切り傷をつけて流れ出た樹脂が空気に触れて凝固したもの。色は黄色、緑、黄褐色のものがある。もともと透明だけれど、こすれると粉が出て白色半透明になる。幹から流れ出る乳白色の液が乳のようだったから乳香の名前がついた。
さて、イエスキリストは三〇歳頃、家を出てヨルダン川でバプテスマのヨハネによる洗礼を受け、三三歳で十字架にかけられて処刑された。処刑された後のイエスキリストの身体に女性たちが聖油を注いで浄めたというが、この聖油にも乳香と没薬が含まれていた。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670262
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:キリスト③  キリスト教  キリスト①  吉良上野介  

   


  1. 雑学大全>社会>宗教    >    キリスト②
  1. ◆「キリスト②」の関連ワード

  2. キリスト③

  3. キリスト教

  4. キリスト①

  5. 吉良上野介


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全