見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・19日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から12日
    ┗「小雪」まで3日
    先負
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(う)
    月齢:11
    月名(旧歴日):十日余りの月(とおかあまりのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 キリスト①【東京雑学研究会編】


§キリストの苗字はイエスかキリストか?



イエスキリストは、キリストという苗字のイエスという名前の人というのが正しいように感じる。でも、実はキリストというのは苗字ではなく称号、つまり肩書きなのである。
イエスキリストというのは、ヘブライ語をギリシア語に翻訳したもので、本来のヘブライ語に戻すと「ヨシュアメシア」となる。ヘブライ語で「ヨシュア」とは「ヤハウェは救いである。主は救って下さる」という意味で、イスラエルで最も広く用いられた名前。特に長男につける名前だったようで、日本ならさしずめ太郎や一郎といったところだろうか。
また、ヘブライ語の「メシア」とは、「油を注がれた者」という意味。イスラエルでは王の即位や祭司、預言者が就任するときに、油を頭に注ぐ儀式を行っており、ここから王や祭司、預言者が「メシア」と呼ばれるようになり、やがて、ダビデのような王が再び現れることを待望するようになると、「メシア」という言葉は救済者を指す称号になっていったのだ。イエスは当時の人々にとってメシア到来の希望を抱かせる人物だったため、彼はメシアと呼ばれるようになり、「ヨシュアメシア」となったのだ。
つまり、「イエスキリスト」というのは、キリスト(=救世主)という肩書きを持ったイエス様という意味。この呼び名の中には苗字など含まれていないのである。
新約聖書が誕生してから二〇〇〇年あまり経ったが、新約聖書以降は、イエス以外にキリストという称号で呼ばれる人物はいない。だから、キリストは称号だが、イエスこそキリストキリストといえばイエスとなり、まるで固有名詞のように用いられるようになっただけなのである。
英語では「ジーザス・クライスト」と呼ばれているが、このクライストも「メシア」が翻訳され、自国流の読み方をして生まれたものである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670261
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:キリスト②  キリスト③  吉良上野介  恐竜の交尾②  

   


  1. 雑学大全>社会>宗教    >    キリスト①
  1. ◆「キリスト①」の関連ワード

  2. キリスト②

  3. キリスト③

  4. 吉良上野介

  5. 恐竜の交尾②


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全