見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・22日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から14日
    ┗「霜降」まで1日
    仏滅
    ・十支:(ひのと)
    ・十二支:(い)
    月齢:13
    月名(旧歴日):十三夜月(じゅうさんやづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 花粉症【東京雑学研究会編】


§花粉症はなぜ起こるのか?



毎年二月末頃から三月四月となると、花粉症の人にとっては悩ましい日々が続く。病院の受付の大きなポスターが、「花粉症には早めの対策を」と、抗アレルギー剤の服用を勧めている。
この花粉症の原因となる花粉は、日本ではスギ花粉のほか、ヒノキ、イネ科のカモガヤやチモシー、キク科のヨモギやブタクサ、シラカバなどで、一年中何かの花粉が飛散している。
花粉(抗原)を長い間吸い込み続けると、その結果、体内に抗体ができる。この抗原と抗体の反応、本来なら侵入してくる異物から人間の身体を守ろうとする免疫反応なのだが、いったん体内にできてしまった抗体は、抗原である花粉を再び感知するや、それと反応してさまざまないやな症状(炎症)を引き起こす。くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目の結膜のかゆみ、充血、白目の腫れなどである。
一〇代後半から二〇代にかけて、スギ花粉の抗体を持つようになる人が多いという。今や日本人の一〇人に一人がかかっている国民病だ。一九七六(昭和五一)年頃から患者が急増した。戦後、政府の林業政策で植えられたスギが、樹齢二〇~三〇年となり、大量の花粉を飛散させるようになった時期である。
しかし、原因はそれだけではない。ディーゼル車の排気ガス中の粒子が花粉アレルギーを悪化させているのだ。
また、体内に免疫グロブリンEという抗体が増えたことも関係があるらしい。この抗体は、本来寄生虫を排除する役目があったのだが、寄生虫がいなくなり、体内に使われないままになっているからという。
日本人の食事が、菜食中心から肉食の多い高たんぱく食に変わった結果、すべてのたんぱく質をアミノ酸に分解することができなくなり、一部がたんぱく質のままで腸管から吸収される。この異種たんぱくが抗原となり、体内に抗体ができる。これもアレルギー体質の原因である。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670205
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:紙オムツ  カナリア諸島  歌舞伎の発祥  カトリック  

   


  1. 雑学大全>生活>健康    >    花粉症

A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全