見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・18日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から10日
    ┗「霜降」まで5日
    赤口
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 OK【東京雑学研究会編】


§OKとは何の略?



英語のOKは略語だが、承諾の返答として、日本語でも普通に使われている。では、このOKは何の略語なのだろうか。
OKの言い回し始まりについては諸説あるようだ。その中でも、よく言われる由来からご紹介しよう。
アメリカの第八代大統領は、マーティン・ヴァン・ビューレンという人物だった。彼は、ニューヨーク州にあったKinderhookという村の出身だった。そのために、彼にはそれにちなんで「Old Kinderhook」というあだ名がつけられていた。当時は、名称をイニシャル化することが流行っていた。そこで、彼の後援会は「OKクラブ」と呼ばれたのである。
その「OKクラブ」はなかなか力があり、ここに所属していれば何かと便宜が図られた。その「OKクラブ」の力ある様子から、承諾のOKは誕生したのである。最近では、ネットなどでしきりに略語が使われるが、当時もそんな雰囲気で、会話に略語を使うことが格好よかったらしい。若者を中心に火がつき、やがて一般にも浸透していったということである。
OKの由来には、もう一説ある。こちらは、第七代大統領ジャクソンについてのもので、彼はどうもつづりが苦手だったらしい。彼は正しいという意の「all correct」を発音通り「oll korrect」と書き間違えてしまったのだ。OKには了承だけでなく、正しいとか間違いないという意味もあったのである。
これが何度も新聞で取り上げられた結果として、OKは広がったというのである。
どちらが語源にしても、どちらもアメリカの大統領が生み出した一言である。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670121
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 雑学大全>そーだったんだ!>由来    >    OK

A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全