見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・16日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から9日
    ┗「小雪」まで6日
    赤口
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(ね)
    月齢:8
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 アリ①【東京雑学研究会編】


§どうしてアリは一本線の行列を作れるのか?



アリは、よく行列を作って歩いている。いかにも律義な働き者らしい行動だが、わざわざ行列を作る必要はあるのだろうか? 目的地に着くのが、かえって遅くなることもあるのではないだろうか。
行列を作る習性は、アリの出すフェロモンによるものである。
アリやミツバチなど、集団生活を営む昆虫は、体内からさまざまなフェロモンを発して、コミュニケーションの手段としている。
ことにアリは「歩く外分泌腺」のようなもので、一種あたり一〇~二〇ものフェロモンを使っている。
もちろん、その一つ一つに意味がある。ほかの多くの生物も発するフェロモンはもとより、仲間を誘ったり、集合をかけたり、警報を発したり、お互いを同じ巣の仲間だと認識したり、違う巣のアリだと区別したり、幼虫の成長を確認したりと、まさにフェロモンは、アリの言語なのである。
中でも、エサの収集に欠かせないのが、尾節腺から出す「道しるべフェロモン」である。一匹のアリが、エサを発見すると、「この先にエサがあるぞ」という意味を発するフェロモンを地面に撒き散らして歩く。
しかも、これは同じ巣のアリたちだけに通じる合図であるから、ほかの巣のアリたちとエサの奪い合いになる心配もない。仲間たちは行列を作って一本線の上を進み、迷うことなくエサのところへたどり着けるというわけである。
それだけではない。道しるべフェロモンを出しても、地面に吸収されてしまっては何もならない。そこで、アリは、まず地面をコーティングするような物質を出し、その上にフェロモン線を引くという、見事なテクニックを発揮しているのである。
仲間とうまくやっていき、集団を盛り立てるためには、コミュニケーションが欠かせない。人間も、アリを見習わなくてはならないようだ。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670030
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:アリ②  アルコール  アメンボ②  アメンボ①  

   


  1. 雑学大全>生物の不思議>昆虫    >    アリ①
  1. ◆「アリ①」の関連ワード

  2. アリ②

  3. アルコール

  4. アメンボ②

  5. アメンボ①


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全