見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・15日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から7日
    ┗「霜降」まで8日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 アメンボ①【東京雑学研究会編】


§アメンボでも溺れることがある?



池や湖、小川などの水面を、すいすい滑って自由自在に移動する昆虫が、アメンボである。アメンボという名前は、焦げた飴のような匂いを出すからだといわれている。
アメンボの不思議な能力は、水の表面張力を利用したものである。アメンボの全身は、水に濡れない細かい毛でおおわれている。中でも、足の節と、後ろ足の下半分は、防水性の毛が層をなしており、水に触れるのはこの毛の層だけなのである。
アメンボの足と水の分子とが引き合う力よりも、水の分子同士が引き合う力のほうが大きいので、アメンボは沈んだりせずに、水の上を移動できるのである。
また、ほとんどの昆虫は、足の先にツメがあるが、アメンボのツメは高い位置にあるので、とがった先端が水の表面の膜を傷つけ、表面張力を消してしまうこともない。
アメンボは、短い前足と、長い中足、後ろ足を持っている。短い足は、ふだんは頭の下にそろえられて体の支えになっており、中足と後ろ足を、オールのように動かして水面を進む。このように、アメンボの体全体が、水面で活動するために、都合がいい仕組みになっているのである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670028
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:アメンボ②  アリ①  アーメン  アメリカの皇帝  

   


  1. 雑学大全>生物の不思議>昆虫    >    アメンボ①
  1. ◆「アメンボ①」の関連ワード

  2. アメンボ②

  3. アリ①

  4. アーメン

  5. アメリカの皇帝


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全