見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・22日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から14日
    ┗「霜降」まで1日
    仏滅
    ・十支:(ひのと)
    ・十二支:(い)
    月齢:13
    月名(旧歴日):十三夜月(じゅうさんやづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 雨②【東京雑学研究会編】


§雨のとき、走るのと歩くのではどちらが濡れないか?



傘を用意せずに家を出て、途中で雨にみまわれた。適当な雨宿りの場所まで走って行った方がいいのか、歩いて行った方がいいのか……? 「どちらでもいいじゃない」なんて、クール答える人がいるかもしれないが、この研究に情熱を注いだ研究者たちが、イギリスとアメリカにいたのである。
一九九五年、イギリスのスティーヴン・ベルチャーらの研究チームが、雨の中を移動するとき、頭や身体の正面がどれくらい濡れるかを計算し、それを「ウェザー」誌に報告した。
その場にずっと立っていると、最も濡れ方がひどく、早く移動すれば、それだけ濡れることはない。ところが、秒速三メートル以上の速さでは、歩いても走っても変わらなかったという。
この報告に納得しなかったのが、アメリカの気象学者のトーマス・ピーターソンとトレバー・ウォリスだった。「どこか変だ。秒速三メートルは、歩く速さとしては速すぎないか。」そこで計算をやり直すことにした。
小雨の中、歩く速さを秒速一・五メートル、走る速さを秒速四メートルで移動するとして、結果は、歩く方が走るより一六%多く濡れた。どしゃ降りの場合、歩く方が二三%多く濡れた。さらに、前かがみで走れば、身体の正面はほとんど濡れないので、両者の差は三六%という結果がでた。
アメリカの二人の研究者は、計算の結果を実験で確かめることにした。だいたい同じ体格の二人は、同じ服を着た。どしゃ降りの中、一〇〇メートルの距離を一人は走り、一人は歩いた。
濡れた服の重さを測ってみると、走った方の服は実験前より〇・一三キロ重く、歩いた方の服は、〇・二二キロ重かった。吸収した雨の量の差は、ほぼ計算どおりのものであった。
イギリスのベルチャーも彼ら二人の実験結果に納得し、自分の研究も彼らの実験で補強されたと思ったそうである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670023
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:アメリカ大統領  アメリカ大陸  雨①  アマゾネス  

   


  1. 雑学大全>自然>天候    >    雨②

A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全