見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・15日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から8日
    ┗「小雪」まで7日
    大安
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(い)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 アマゾネス【東京雑学研究会編】


§アマゾン川の名前の由来にもなった伝説の女



怖い女性のことをアマゾネスといったりする。実は、これはギリシア神話からきた言葉である。
アマゾネスの話は一つの伝説になっていた。彼女たちは軍神アレスとハルモニアの子孫と言われ、黒海の沿岸地方に居住したと言われる。勇敢な女武者たちだけの民族で、女王の指揮の元に、戦争と狩猟を生業にしていた。彼女たちは、女性たちというよりは、男性化した女性だったのである。
特に、弓を引くときの邪魔にならないように、女性の象徴でもある乳房を右だけ切除したといわれている。
種族の保持のために、ある一時期だけ他国の男性と交わり生まれた子どもは女子だけ残して、男子は殺すか父親の元に送りつけたという。
南アメリカにあるアマゾン川を最初に探索したのは、一六世紀半ば、フランシスコ・デ・オレリャーナというスペインの探検家である。雪のアンデスを越えたときに、一行はとても大きな河を発見した。それが現在のアマゾン川である。
このとき、彼らは現地のネイティブ・アメリカンたちと壮絶な戦いをしている。このときに、その部族の女性たちが勇敢に戦ったことから、彼はギリシア神話のアマゾネス伝説を思い出し、この川はアマゾンと呼ばれるようになったのである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670021
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:雨①  雨②  天の川②  天の川①  

   


  1. 雑学大全>そーだったんだ!>フィクション    >    アマゾネス
  1. ◆「アマゾネス」の関連ワード

  2. 雨①

  3. 雨②

  4. 天の川②

  5. 天の川①


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全