見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・20日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から13日
    ┗「小雪」まで2日
    仏滅
    ・十支:(ひのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:12
    月名(旧歴日):十二日月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 アメリカ大統領【東京雑学研究会編】


§アメリカの大統領を襲う二〇年おきの悲運とは?



アメリカの大統領といえば、暗殺が多いことが印象にある。有名なリンカーンケネディ大統領だけでなく、マッキンリー、ガーフィールドも在任中に暗殺された悲運の大統領なのである。
ところが、この悲運は運命的な数字にあやつられていた。
それはアメリカの大統領の「魔の二〇年周期」である。悲運は二〇年ごとに繰り返されていたのである。
まず、最初は一八六〇年に大統領に当選したリンカーンで、ワシントンフォード劇場で銃によって暗殺されている。その二〇年後、一八八〇年に当選したガーフィールド大統領も、翌年暗殺されてしまうのである。
一九二〇年に当選したハーディングは、暗殺はまぬかれたものの在任中に急死。一九四〇年に三選を果たした強者ルーズベルトも、この「魔の二〇年周期」には勝てなかったのか、大統領に当選して五年後に急死してしまう。そして、一九六〇年に当選した三五代大統領ケネディは、有名なダラスの暗殺で命を落としているのである。
一九八〇年に当選したレーガン大統領は死はまぬかれたものの、やはり狙撃されている。アメリカの大統領にはこの黒い連鎖が続いているのである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670024
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:アメリカ大陸  アメリカの皇帝  雨②  雨①  

   


  1. 雑学大全>社会>職業    >    アメリカ大統領
  1. ◆「アメリカ大統領」の関連ワード

  2. アメリカ大陸

  3. アメリカの皇帝

  4. 雨②

  5. 雨①


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全