見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・12月(師走/December)
    ・13日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から6日
    ┗「冬至」まで9日
    大安
    ・十支:(つちのと)
    ・十二支:(う)
    月齢:5
    月名(旧歴日):五日月(いつかつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 コラム



『前菜の呼び方あれこれ』

西洋料理の前菜といえば、日本ではオードブル呼び名が一般的。これはフランス語のhors-doeuvre に由来する。hors =「~の外」、oeuvre =「仕事」で、イタリア語のアンティパストと同様に、主菜の前の軽い料理を指す。もう一つ、アントレ entrée =「入り口」という言葉もあり、こちらは前菜と主菜の中間のニュアンスが強い。

ミューズamuse という言葉もよく見かける。フランス語のamuser =「楽しませ」が元になっており、前菜の前に出されるつまみ、つきだしといったところだ。イタリア語ではストゥッツィキーノstuzzichino というが、アミューズという呼び方をしている店もある。

ちなみに、英語の前菜はアペタイザーappetizer。こちらは「食欲を促すもの」の意。食前酒も含めて指すことが多い。


『イタリアンではないけれど…シーザーサラダ

なぜか日本のイタリア料理店でよく見かけるシーザーサラダCaesar salad。レタスの上に、クルトン、粉チーズゆで卵などを散らしホワイトドレッシングもしくはビネグレットソースをかけるサラダだ。

実は、これはイタリア料理とはいえない。発祥の地はメキシコ。アメリカとの国境に近いティファナの町のホテルレストランで、1920 年代に創製されたといわれている。シーザーの名は、そのホテル名のシーザーズパレス、またはその支配人で考案者のシーザー・カーディーニ氏に由来するというのが通説。このサラダは、ハリウッドからやってきたアメリカ人たちの間で人気になり、世界に広まった。シーザー・カーディーニ氏はイタリア移民だったというから、イタリアと全く縁がないわけではないが、アメリカの料理とするのが正しいだろう。


【出典】 東京書籍(著:岸 朝子)
イタリアン手帳

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 8541027
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. イタリアン手帳>前菜>    >    コラム

A D

イタリアン手帳について
イタリア料理の基礎知識はもちろん、カプレーゼ・ミネストローネ・ボロネーゼ・漁師風リゾット・マルゲリータなどの料理名や、アンチョビ・ゴルゴンゾーラ・バジル・トリュフなどの食材、ワインやミネラルウォーターの銘柄まで収録。イタリア料理の名前や作り方、よく使われる素材のこと、また楽しい食卓に欠かせないワインの産地や種類についてわかりやすく解説しています
この言葉が収録されている辞典

 イタリアン手帳


  • 【辞書・辞典名】イタリアン手帳[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】岸 朝子
  • 【書籍版の価格】1,512
  • 【収録語数】
  • 【発売日】
  • 【ISBN】978-4487804054










この書籍の関連アプリ

 アプリ


イタリアン手帳

イタリアン手帳

  • 定価:300
  • イタリアンレストランでメニューを見る...>>続く
App store


イタリアン手帳

イタリアン手帳

  • 定価:300
  • イタリアンレストランでメニューを見る...>>続く
Google Play

関連辞典
イタリアン手帳 イタリアン手帳 イタリアン手帳