見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・13日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から6日
    ┗「冬至」まで9日
    先負
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:16
    月名(旧歴日):十六夜(いざよい)/既望(きぼう)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 夏目漱石【なつめそうせき】



10 2年間のロンドン留学中、4回も転居した夏目漱石…5番目の下宿が歴史的建造物として指定される
 1900年9月、夏目漱石は文部省からイギリス留学を命じられ、単身赴任する。10月にロンドンに到着し、それから1902年12月までの丸2年、漱石は同地で英文学の研究をおこなった。
 だが漱石にとって留学生活は、「倫敦に暮らしたる2年は尤も不愉快の2年なり。余は英国紳士のあいだにあって群狼に伍する1匹のむく犬の如く、あはれなる生活を営みたり」(『文学論』)とあるように、かなり苦痛だったらしい。
 漱石は、留学した2年間に4回転居している。
 最初は、エバ・スタンレイの下宿に住んだが、食事の値段が高いので2週間でミス・マイルドの下宿へ転居。しかし、ここも家賃の関係から40日で引き払い、ブレット夫妻の下宿へ入居した。
 ブレット夫妻は日本人贔屓で、下宿には漱石のほか、5人の日本人留学生がいた。2002年1月には、その当時実施されたイギリス国勢調査の原本が公開され、そのなかに、ブレット家に下宿中の漱石らの記録が見つかっている。
 ブレット夫妻は、経営していた学校で伝染病がはやったために学校を閉鎖、下宿も手放したため、漱石も4か月でこの家を出ている。
 4番目に住んだ下宿も気に入らず、新聞広告を出して見つけた5番目の下宿で1901年7月から離英までの1年4か月余りを過ごした。
 この、漱石が一番長く住んだ下宿が2002年2月、「イングリッシュ・ヘリテージ」という公的機関に史跡指定された。建物はすべて当時のままだそうで、ここを訪問すれば、漱石のロンドン時代を偲ぶことができる。

【出典】 日本実業出版(著:河合敦)
日本史の雑学事典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14625099
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:大原孫三郎  岩崎小弥太  ハワイ移住  天野八郎  

   


  1. ◆「夏目漱石」の関連ワード

  2. 大原孫三郎

  3. 岩崎小弥太

  4. ハワイ移住

  5. 天野八郎


A D

日本史の雑学事典について
歴史上の人物の意外な素顔や、有名な事件の驚くべき真相などを掲載。 教科書ではあじわえない歴史の奥深いおもしろさ、たのしさが収録されています。
この言葉が収録されている辞典

 日本史の雑学事典


  • 【辞書・辞典名】日本史の雑学事典[link]
  • 【出版社】日本実業出版社
  • 【編集委員】河合敦
  • 【書籍版の価格】1,404
  • 【収録語数】136
  • 【発売日】2002年6月
  • 【ISBN】978-4534034137










関連辞典
日本史の雑学事典 日本史の雑学事典 日本史の雑学事典 日本史の雑学事典