見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・13日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から6日
    ┗「冬至」まで9日
    先負
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:16
    月名(旧歴日):十六夜(いざよい)/既望(きぼう)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 英仏軍駐留【えいふつぐんちゅうりゅう】



13 横浜港に英仏軍隊が駐留?…頻発する外国人暗殺に対する抗議に幕府が折れる
 ロシアの対馬占拠に対し、軍艦2隻を派遣して強硬に抗議した駐日イギリス公使ラザフォードオールコックは、その一方で、尊皇攘夷派による外国人殺傷テロが頻発したことを理由に、幕府に抗議を申し立て、横浜港にイギリス軍隊の駐留を認めさせている。
 1861年1月、アメリカの駐日総領事タウンゼント・ハリスのもとで通訳をしていたオランダ人のヘンリー・ヒュースケンが、何者かに斬り殺された。攘夷派の犯行とされたこの事件は、諸外国公使に大きな動揺を与えた。
 幕府に対して強硬な姿勢で臨んでいたオールコックは「幕府には我々外国人を保護する誠意も能力もない」として、横浜へ退去してしまった。この事件以前にも、外国人に対する殺傷事件が頻発していたことも影響している。フランスもこの動きに同調した。
 ちなみに、当事者であるアメリカのハリスは江戸に留まり、諸国公使に江戸へ戻るよう説得したという。
 幕府はこの抗議を受け入れ、横浜港への駐留を認めたのだ。だが、外国人部隊の駐留を許したことはすなわち、その国の植民地に転落したことを意味する。フランス同じく軍隊を置き、合わせて1500名ほどが1875年の明治政府誕生後まで居座ったのである。
 また、撤兵後も、駐屯地はイギリスフランスの公用地として、両国が租借する権利を得ていたと言われている。この権利が消滅したのは、何と太平洋戦争後のことであった。

【出典】 日本実業出版(著:河合敦)
日本史の雑学事典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14625026
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:満州開拓移民団  西安事件  対馬  天一坊事件  

   


  1. ◆「英仏軍駐留」の関連ワード

  2. 満州開拓移民団

  3. 西安事件

  4. 対馬

  5. 天一坊事件


A D

日本史の雑学事典について
歴史上の人物の意外な素顔や、有名な事件の驚くべき真相などを掲載。 教科書ではあじわえない歴史の奥深いおもしろさ、たのしさが収録されています。
この言葉が収録されている辞典

 日本史の雑学事典


  • 【辞書・辞典名】日本史の雑学事典[link]
  • 【出版社】日本実業出版社
  • 【編集委員】河合敦
  • 【書籍版の価格】1,404
  • 【収録語数】136
  • 【発売日】2002年6月
  • 【ISBN】978-4534034137










関連辞典
日本史の雑学事典 日本史の雑学事典 日本史の雑学事典 日本史の雑学事典