見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・5月(皐月/May)
    ・18日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「立夏」から12日
    ┗「小満」まで3日
    大安
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(う)
    月齢:13
    月名(旧歴日):十三夜月(じゅうさんやづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 対馬【つしま】



12 幕末、ロシアの植民地にされかけた対馬…列強国のパワーに振り回された日本
 アジア諸国が次々と欧米列強諸国の植民地に転落していくなか、日本は巧みな外交と富国強兵政策によって、その危機を乗り越えたと言われているが、事はそう単純ではない。
 実は、一時ロシアに領有されてしまった場所がある。長崎県の対馬がそうだ。
 1861年2月、ロシアの軍艦ポサドニック号が対馬の浅茅湾に来航し、船を修理したいと対馬藩に申し出た。そしてロシア兵は芋崎浦を占拠すると続々と上陸、にわかに屋敷を造り、井戸を掘り始めたのである。
 驚いた対馬藩は撤退を求めるが、同船艦長のビリレフは承諾せず、ついに対馬の人々とロシア兵が小競り合いを起こし、島民が死ぬという事件が起こる。
 幕府もこれを放っておけず、外国奉行・小栗忠順を送り込むが、交渉に失敗し、逆にビリレフ艦長は対馬藩主に、芋崎周辺の租借など12か条の要求を突きつけて、対馬のロシア領化を進めたのである。
 もしこのまま強硬にロシア兵が滞留を続けていたならば、おそらく対馬はロシアに奪われていただろう。
 だが、駐日イギリス公使ラザフォードオールコックが対馬に軍艦を差し向け、不法滞在に強く抗議し、威圧したため、同年8月、ロシア政府も撤兵を決めた。
 芋崎浦には、いまもロシア軍が建設した波止場や井戸の痕跡が残っている。

【出典】 日本実業出版(著:河合敦)
日本史の雑学事典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14625025
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:英仏軍駐留  満州開拓移民団  天一坊事件  浅野内匠頭  

   



A D

日本史の雑学事典について
歴史上の人物の意外な素顔や、有名な事件の驚くべき真相などを掲載。 教科書ではあじわえない歴史の奥深いおもしろさ、たのしさが収録されています。
この言葉が収録されている辞典

 日本史の雑学事典


  • 【辞書・辞典名】日本史の雑学事典[link]
  • 【出版社】日本実業出版社
  • 【編集委員】河合敦
  • 【書籍版の価格】1,404
  • 【収録語数】136
  • 【発売日】2002年6月
  • 【ISBN】978-4534034137










関連辞典
日本史の雑学事典 日本史の雑学事典 日本史の雑学事典 日本史の雑学事典