見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・12日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から5日
    ┗「冬至」まで10日
    仏滅
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(とり)
    月齢:23
    月名(旧歴日):二十三夜待ち(にじゅうさんやまち)/真夜中の月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 高低・形状からみた「山」



[平地から急に盛り上がっている高い土地]山(やま)・山(むれ)・牟礼(むれ)・山岳(さんがく)・山巒(さんらん)
[山の異称]雲根(うんこん)
[山の尊称]御山(おやま)・御山(みやま)
[大きな]大山(たいざん)・大山(おおやま)・太山(たいざん)・大岳(たいがく)・大嶽(たいがく)
[高い]高山(こうざん)・高山(たかやま)・泰山(たいざん)・岱山(たいざん)・太山(たいざん)
[高くて大きな]岳(たけ)・嶽(たけ)・岳(だけ)・嶽(だけ)・御岳(みたけ)・御嶽(みたけ)
[その山脈や山地で主だった]主峰(しゅほう)・首峰(しゅほう)
[最も高い]最高峰(さいこうほう)
[高くて大きいさま]巍巍(ぎぎ)・巍峨(ぎが)
[雄大な]雄峰(ゆうほう)
[小さく低い]小山(こやま)・岡(おか)・丘(おか)・丘陵(きゅうりょう)・狭山(さやま)・低山(ひきやま)
[険しい]俊岳(しゅんがく)・峻嶽(しゅんがく)・険山(けんざん)・嶮山(けんざん)・荒山(あらやま)
[険しくそびえ立つさま]峨峨(がが)
[高くて険しいさま]峻峭(しゅんしょう)
[多くの]山山(やまやま)・群山(ぐんざん)・群山(むらやま)・諸山(しょざん)・群峰(ぐんぽう)
[連なり続いた]連山(れんざん)・連峰(れんぽう)・山並(やまな)み・峰巒(ほうらん)・峰嶂(ほうしょう)
[山の多い土地]山地(さんち)
[脈状に長く連なった]山脈(さんみゃく)
[山脈群が一系統をなしている]山系(さんけい)
[山脈から離れ、周りを限られた山地]山塊(さんかい)
[幾重にも重なった]八重山(やえやま)・百重山(ももえやま)・層巒(そうらん)・重巒(ちょうらん)・乱山(らんざん)・乱峰(らんぽう)・五百重山(いおえやま)
[山全体]満山(まんざん)・全山(ぜんざん)・一山(ひとやま)
[ただ一つ離れている]孤山(こざん)・離山(りざん)・孤峰(こほう)
[一方が急斜面の]片丘(かたおか)・片岡(かたおか)
[横たわっている]横山(よこやま)
[美しい形の]秀峰(しゅうほう)
[有名な]名山(めいざん)・名峰(めいほう)
[雲のかかっている]雲山(うんざん)

【出典】 あすとろ出版(著:現代言語研究会)
日本語使いさばき辞典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 4381561
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. 日本語使いさばき辞典>>    >    高低・形状からみた「山」

A D

日本語使いさばき辞典について
日本語を具体的な意味・内容から引くことができる辞典。日常的によく使う125の基本語から縁戚語彙を状態・種別・形態・程度・その他のグループに分類し解説。和語・漢語から作歌にに役立つ基礎古語・歌語まで約740語を収録。また擬音、擬態語、慣用句、故事、成語、ことわざ等も掲載し豊かな日本語を再確認することができる。
この言葉が収録されている辞典

 日本語つかいさばき辞典


  • 【辞書・辞典名】日本語つかいさばき辞典[link]
  • 【出版社】あすとろ出版
  • 【編集委員】現代言語研究会
  • 【書籍版の価格】3,024
  • 【収録語数】740
  • 【発売日】1997年9月
  • 【ISBN】978-4755508288










関連辞典
日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典