見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・18日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から11日
    ┗「冬至」まで4日
    大安
    ・十支:(つちのと)
    ・十二支:(う)
    月齢:29
    月名(旧歴日):晦(つきこもり/つごもり)/堤月(ていげつ)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 火事からみた「火」



[建物などが焼ける]火事(かじ)・火災(かさい)・火(ひ)の事(こと)・火(ひ)の騒(さわ)ぎ
[火事を忌んで言う]水流(みずなが)れ
[大きな]大火(たいか)・大火事(おおかじ)
[小さな]小火(ぼや)・小火(しょうか)
[火事を出す]出火(しゅっか)
[急に燃え上がった]急火(きゅうか)
[火の燃える勢い]火(ひ)の手(て)
[過ちで火事を出す]失火(しっか)・粗相火(そそうび)
[人の過失による]人火(じんか)
[自分の家から出た]自火(じか)
[近所の]近火(きんか)・近火(ちかび)
[火事の原因となる火の気のある所]火(ひ)の元(もと)・火元(ひもと)
[原因不明の]不審火(ふしんび)・不審火(ふしんか)・怪火(かいび)
[近所の火事で一緒に燃える]貰(もら)い火(び)・類焼(るいしょう)・類火(るいか)
[燃え広がる]延焼(えんしょう)
[火の粉で離れた場所が火事になる]飛(と)び火(ひ)
[風上の方へ燃え移る]後火(しりび)・尻火(しりび)
[全部焼ける]全焼(ぜんしょう)・丸焼(まるや)け
[残らず焼き尽くす]焼尽(しょうじん)・焦土(しょうど)
[建物などが半分焼ける]半焼(はんしょう)
[わざと火事を起こす]放火(ほうか)・付(つ)け火(び)・火付(ひつ)け
[山林の]山火(さんか)・山火事(やまかじ)
[落雷による]雷火(らいか)
[戦争による]兵火(へいか)・戦火(せんか)
[防ぐ]防火(ぼうか)
[消す]消火(しょうか)
[鎮まる]鎮火(ちんか)・鎮火(ひしずめ)

【出典】 あすとろ出版(著:現代言語研究会)
日本語使いさばき辞典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 4381502
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. 日本語使いさばき辞典>>    >    火事からみた「火」

A D

日本語使いさばき辞典について
日本語を具体的な意味・内容から引くことができる辞典。日常的によく使う125の基本語から縁戚語彙を状態・種別・形態・程度・その他のグループに分類し解説。和語・漢語から作歌にに役立つ基礎古語・歌語まで約740語を収録。また擬音、擬態語、慣用句、故事、成語、ことわざ等も掲載し豊かな日本語を再確認することができる。
この言葉が収録されている辞典

 日本語つかいさばき辞典


  • 【辞書・辞典名】日本語つかいさばき辞典[link]
  • 【出版社】あすとろ出版
  • 【編集委員】現代言語研究会
  • 【書籍版の価格】3,024
  • 【収録語数】740
  • 【発売日】1997年9月
  • 【ISBN】978-4755508288










関連辞典
日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典