見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・12日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から5日
    ┗「冬至」まで10日
    仏滅
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(とり)
    月齢:23
    月名(旧歴日):二十三夜待ち(にじゅうさんやまち)/真夜中の月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 認識・感知の意からみた「知る・分かる」



[物事の本質やありさまをはっきりととらえる]知(し)る・気付(きづ)く・認(みと)める・分(わ)かる・悟(さと)る・認知(にんち)
[物事をはっきり知り、その意義を弁別・理解する]認識(にんしき)・識認(しきにん)
[認識し直す]再認識(さいにんしき)
[「知る」「覚える」の謙譲語]存(ぞん)じる・存(ぞん)ずる
[「存じ」の尊敬語]御存(ごぞん)じ
[知ってその意をつかむ]知得(ちとく)
[知っている]存知(ぞんち)・存(ぞん)じ・承知(しょうち)
[つくづく]思(おも)い知(し)る
[現状に満足する]知足(ちそく)
[天命を]知命(ちめい)
[死ぬ時刻を]知死期(ちしご)
[世間に名を知られている]知名(ちめい)
[言い方を会得(えとく)する]言(い)い知(し)る
[心に感じて]感知(かんち)
[聞いて]聞知(ぶんち)
[目で見て]見知(けんち)・検知(けんち)
[関係があって]関知(かんち)
[探って]探知(たんち)・探索(たんさく)・嗅(か)ぎ出(だ)す
[ひそかに事情を探って]諜知(ちょうち)
[推(お)しはかって]察(さっ)する・読(よ)む・察知(さっち)・推知(すいち)・推測(すいそく)・推量(すいりょう)・端倪(たんげい)
[判断して]判知(はんち)
[すでに知っている]既知(きち)
[まだ知らない]未知(みち)
[うかがい]窺知(きち)
[はっきりと認める]確認(かくにん)
[誤ってそれと認める]誤認(ごにん)
[互いに顔を知っている]面識(めんしき)・相識(そうしき)
[一度会って面識がある]一面識(いちめんしき)
[前もって面識がある]見知(みし)り越(ご)し
[相手の事情を察する]了察(りょうさつ)・諒察(りょうさつ)
[事情などをよく知っている]承知(しょうち)・案内(あんない)
[認めて賛成する]首肯(しゅこう)
[相手の事情が分かって要求などを聞き入れる]了解(りょうかい)・諒解(りょうかい)・領解(りょうかい)・領会(りょうかい)・承知(しょうち)
[相手の要求などを理解し認める]了承(りょうしょう)・諒承(りょうしょう)・領承(りょうしょう)
[相手の考えや行為を理解し認める]納得(なっとく)
[十分に承知・納得する]得心(とくしん)・合点(がてん)・合点(がってん)
[意見などが相手によく通じる]疎通(そつう)

【出典】 あすとろ出版(著:現代言語研究会)
日本語使いさばき辞典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 4381292
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. 日本語使いさばき辞典>>    >    認識・感知の意からみた「知る・分かる」

A D

日本語使いさばき辞典について
日本語を具体的な意味・内容から引くことができる辞典。日常的によく使う125の基本語から縁戚語彙を状態・種別・形態・程度・その他のグループに分類し解説。和語・漢語から作歌にに役立つ基礎古語・歌語まで約740語を収録。また擬音、擬態語、慣用句、故事、成語、ことわざ等も掲載し豊かな日本語を再確認することができる。
この言葉が収録されている辞典

 日本語つかいさばき辞典


  • 【辞書・辞典名】日本語つかいさばき辞典[link]
  • 【出版社】あすとろ出版
  • 【編集委員】現代言語研究会
  • 【書籍版の価格】3,024
  • 【収録語数】740
  • 【発売日】1997年9月
  • 【ISBN】978-4755508288










関連辞典
日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典