見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・19日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から12日
    ┗「冬至」まで3日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 手【て】


名/接頭/接尾



【一】(名)【1】おもに人間の前肢。【ア】手首から指先までの部分。物をつかんだりにぎったりする。「―をたたく」「―でにぎる」【イ】肩から指先までの部分。サルや犬などの前足をもいう。「―を挙げる」【2】(【1】から)つかまえたり支配したりするもの。【ア】所有すること。「―に入れる」【イ】支配するもの。配下。「―の者」「人質を敵の―から奪う」【ウ】ささえるもの。「朝顔のつるをまきつかせる―を立てる」【エ】将棋・トランプなどで、手元に持っている札。「―が悪い」【3】(【1】【イ】のように)つき出たもの。「フライパンの―」「火の―があがる」【4】仕事をするものとして見た手。【ア】仕事をする力。労働力。手数。「―が離せない」「―が足りない」「―がかかる」「―のこんだ仕事」【イ】みずから物事をすること。また、その腕まえ。「新しい商売に―を出す」「―が上がる(=上手になる)」「名人の―になる茶碗(ちやわん)」【ウ】筆で文字を書くこと。筆跡。「上品な―の書だ」【5】【1】の働きに関係の深いこと。【ア】手段・方法。策略。「それ以外に―の施しようがない」「その―は食わない」「―を施す」【イ】つながり。関係。「―を結ぶ」「―を切る(↓絶縁 の{類義表現})」【ウ】(指さすことから)方向・方面。「山の―」「行く―」【エ】種類。「この―の本は安い」【オ】戦いで受けたきず。「―を負う」【二】(接頭)【1】〔形容詞について〕程度のはなはだしいことを表す。「―ごわい」「―厳しい」「―ぬるい」【2】小型・簡単・小さい・少しなどの意を表す。「―文庫」「―鏡」「―土産(みやげ)」【三】(接尾)【1】〔多く動詞の連用形について〕その動作の主体を表す。「書き―」「やり―」【2】位置・方向・種類・品質などを表す。「山―」「右―」「厚―の布」「三番―」

【出典】 ベネッセコーポレーション(著:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄)
ベネッセ国語辞典 電子特別編集版

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 705219870
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:手が上(あ)がる  手があく  聾桟敷  つんのめ・る  

   



A D

ベネッセ国語辞典について
『福武国語辞典』を元に編集した電子特別編集版。日々の仕事・生活の中で使われる言葉や意味、用法が重要な現代語を中心に約6万語を収録。文章を書く際に役立つよう用例を多く掲載するなど使いやすさを追求した国語辞典。
この言葉が収録されている辞典

 ベネッセ国語辞典 電子特別編集版


  • 【辞書・辞典名】ベネッセ国語辞典 電子特別編集版[link]
  • 【出版社】ベネッセ
  • 【編集委員】樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄
  • 【書籍版の価格】2,571
  • 【収録語数】60,000
  • 【発売日】-
  • 【ISBN】-










関連辞典
ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 ベネッセ国語辞典 電子特別編集版