見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・6月(水無月/June)
    ・22日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「夏至」から1日
    ┗「小暑」まで15日
    先勝
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(とり)
    月齢:8
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ゴミ収集車


現代における快適な生活を裏で支えてくれている、ゴミ収集車。いろいろな種類があることに注目してみよう。



ゴミ収集の日、家庭から出たゴミを回収してくれるゴミ収集車。

作業員がゴミを投入すると、回転板が器用にそれを奥に押し込んでくれる。

ゴミ収集車の中身はどうなっているのだろうか。

よく目にする「クリーンパッカー方式」の収集車(略してパッカー車)で、そのしくみを説明しよう。

パッカー車は、おもに燃えるゴミを収集するのに利用される。

後部に回転板が2枚配置され、これが組み合わさって回転することで、ゴミを運転席側に押し込む。

収集を終えてゴミ処理場に戻ったら、詰め込んだゴミを仕切りの排出板(はいしゅつばん)で外に押し出す(ダンプカーのように、荷台を斜めにして圧縮ゴミを排出するものもある)。

パッカー車以外に街中でよく目にするのが、プレスローダー方式のゴミ収集車だ。

左ページ上図のように、高い圧縮性能が自慢(じまん)の方式である。

ゴミ収集車には、ほかにもいくつかの方式があり、大きさの違いもあるが、この多様性には理由がある。

一つは、集めるゴミ・集める地域に適した方式と大きさが要求されるという、至極(しごく)当然の理由だ。

もう一つ、隠れた理由がある。

ゴミ処理施設の建設費が高騰(こうとう)しているからだ。

ゴミ処理施設、特に焼却施設は公害対策のために高度な技術が要求される。

また、エコ社会実現のために、燃やした廃熱で発電する施設を併設することも時代の流れだ。

当然、建築コストは膨大(ぼうだい)となり、小さな自治体ごとに建設するのは財政的に困難だ。

そこで、いくつかの自治体がまとまって一つのゴミ処理施設を作り、一手に処理するというネットワーク方式が一般的になりつつある。

そのネットワークに対応するには、多様なゴミ収集車が必要になる。

家庭からのゴミは、まず小型のゴミ収集車でゴミ中継施設に集め、そこでさらに圧縮して大型のゴミ収集車でゴミ処理施設に運ぶ。

このようにして、効率的なゴミの移動と処理を可能にしているのである。



【出典】 中経出版
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

→外部リンク

プロフィールを閉じる


  • 8567118
    3
  •      
  •      




   

『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2』の紹介



A D

著者
大好評を得た既刊『身のまわりのモノの技術』の待望の続編! 「日頃よく使っているモノ」あるいは「意識しなかったけど、じつは身近にあるモノ」などに活かされている“技術・しくみ"について、豊富な図版をまじえながらシンプルに解説する本。 モノの技術やしくみが少しでもわかると、そのモノへの愛着と興味が増し、何気なく手にしたり触れたりするモノが、より身近になります。 本書を通じて、「科学技術の結晶」たちのスゴ技を、とくと堪能してください!
→外部リンク
『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2』書籍版
大好評を得た既刊『身のまわりのモノの技術』の待望の続編!

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2がよくわかる書籍/商品
大好評を得た既刊『身のまわりのモノの技術』の待望の続編!

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
この言葉が収録されている辞典

 中経出版「雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2」


  • 【著者・監修】涌井良幸・涌井貞美[link]
  • 【Profile】中経出版
  • 【出版実績】
  • 【登録日】
  • 【最終更新日】










A D