見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・10日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から3日
    ┗「冬至」まで12日
    友引
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:21
    月名(旧歴日):二十日余りの月(はつかあまりのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 緊急地震速報【きんきゅうじしんそくほう】





財団法人鉄道総合技術研究所と気象庁による共同技術開発と、独立行政法人防災科学技術研究所による技術開発の成果により可能となり、気象庁が中心となって提供している情報。地震発生直後の「P波」と呼ばれる小さな揺れをとらえて後から伝わる揺れの強さを予測する。
震源に近い地震計でとらえた観測データを解析し、地震の規模(マグニチュード)、震源、各地での主要動の到達時刻や震度を自動計算した上で、震度5以上の揺れを予測した場合に、可能な限り素早く知らせ、警戒を呼びかけるもの。
1つの観測点データから複数回発表する「高度利用者向けの緊急地震速報(予報)」と、テレビラジオなどを通じて提供する「一般向けの緊急地震速報(警報)」がある。
一般向けの緊急地震速報携帯電話スマートフォン端末でも対応機種及びアプリケーションによって受信できるようになっている。
2013年8月8日午後4時56分頃、近畿を中心に西日本東日本の広い範囲で強い揺れが予測されるという緊急地震速報を発表したが、その後、震度1以上の体に感じる揺れは観測されなかった。速報が発表されたことで東海道・山陽新幹線が一時停車するなど、広い範囲で影響が出たことをうけ気象庁は、三重県南東沖の海底に設置されている地震計に何らかのトラブルが発生し、「ノイズ」と呼ばれる電気的な雑信号を地震の揺れとみなし、揺れの予測が過大になったと説明。また「緊急地震速報の精度には限界があるが、速報が発表された場合には安全を確保するようにしてほしい」とした。

※画像は緊急地震速報利用者協議会制定のロゴマーク

【出典】 Ea,Inc.(著:JLogos編集部)
JLogos

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12664977
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. JLogos>時事用語アーカイブ>    >    緊急地震速報

A D

JLogosについて
最新語を中心に、専門家の監修のもとJLogos編集部が登録しています。リクエストも受付。2000年創立の「時事用語のABC」サイトも併設。
この言葉が収録されている辞典

 JLogos


  • 【辞書・辞典名】JLogos[link]
  • 【出版社】Ea,Inc
  • 【編集委員】JLogos編集部
  • 【書籍版の価格】
  • 【収録語数】
  • 【発売日】
  • 【ISBN】