見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・16日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から9日
    ┗「冬至」まで6日
    友引
    ・十支:(ひのと)
    ・十二支:(うし)
    月齢:27
    月名(旧歴日):暁月/有明月(ありあけづき)/下弦後の三日月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 大手まんぢゅう[大手饅頭伊部屋]【おおてまんぢゅう】


備前藩主のお茶菓子だった
甘酒の香り豊かな酒饅頭






天保8年(1837)に初代伊部屋永吉が創業。大手まんぢゅうは備前岡山藩主池田侯の寵愛を受け、茶会には必ず伊部焼の茶器とともに愛用されていたという。菓子名も、店が岡山城大手門の付近にあったことから池田侯が名付けたと伝えられている。
製法は、まず、良質の備前米を材料とした糀にもち米を加えて甘酒にしたものに小麦粉を混合し、発酵させて生地を作る。この生地で、北海道産の小豆を特製の白双糖で練り上げたこし餡を薄く包み蒸し上げるという、丹念で手間のかかったものだ。甘酒のコクが豊かな甘みとなって、まろやかな味に深みを増している。食後感も爽やかで、後を引く美味しさと好評。かたくなっても、油で揚げたりとろ火で焼いて食べれば、ひと味違った楽しみ方ができる。あっさりした口当たりの最中・もなみ、小豆そのものの風味が際立つ、つぶぞろいも評判だ。

【出典】 東京書籍(著:岸 朝子/選)
全国五つ星の手土産

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071880
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. 全国五つ星の手土産>中国>岡山県    >    大手まんぢゅう[大手饅頭伊部屋]

A D

全国五つ星の手土産について
料理記者歴50年の岸朝子が全国津々浦々の土産銘菓を,伝統,味,地元定着度,地元推奨度,全国的知名度などの観点から厳選して紹介する,まさに日本国民必携の永久保存版手みやげ大全。
この言葉が収録されている辞典

 5つ星の手土産


  • 【辞書・辞典名】5つ星の手土産[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】岸 朝子/選
  • 【書籍版の価格】3,024
  • 【収録語数】368
  • 【発売日】2008年8月
  • 【ISBN】978-4487801350










この書籍の関連アプリ

 アプリ


全国五つ星の手土産

全国五つ星の手土産

  • 定価:960
  • 岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・...>>続く
App store


全国五つ星の手土産

全国五つ星の手土産

  • 定価:960
  • 岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・...>>続く
Google Play

関連辞典
全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産