見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・5月(皐月/May)
    ・26日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「小満」から5日
    ┗「芒種」まで11日
    先負
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(うま)
    月齢:10
    月名(旧歴日):十日夜の月(とおかんやのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 大津画落雁[藤屋内匠]【おおつえらくがん】


大津絵を今に伝える
まろやかな甘みの風雅な落雁






寛文元年(1661)、鶴屋仁兵衛として創業したが将軍徳川綱吉に鶴姫が誕生し、鶴という字は恐れ多いところから、伏見の宮家から藤屋内匠の屋号を授かった。以降は膳所藩の御用菓子司となり、京都御所や大坂城代などにも菓子を納めた歴史を持つ。
有名な大津画落雁は、大津絵が盛んだった江戸時代後期に創案された。藤娘や瓢箪鯰など民画の代表的なもの9種類を江戸安政期の木型を使って繊細に打ち出している。現在では、十三代目当主自らが、和三盆と葛粉、寒梅粉を混ぜ合わせて作った生地を裏ごしして手でこね、木型に入れて押し込む。長年培った経験と勘だけが頼りというまさに名人芸だ。完成した落雁は、口に入れるととろりと溶ける。夜の琵琶湖と満月をイメージして作られた湖水月も、江戸時代に藩に献上した歴史を持つ由緒ある羊羹として名高い

【出典】 東京書籍(著:岸 朝子/選)
全国五つ星の手土産

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071813
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. 全国五つ星の手土産>近畿>滋賀県    >    大津画落雁[藤屋内匠]

A D

全国五つ星の手土産について
料理記者歴50年の岸朝子が全国津々浦々の土産銘菓を,伝統,味,地元定着度,地元推奨度,全国的知名度などの観点から厳選して紹介する,まさに日本国民必携の永久保存版手みやげ大全。
この書籍の関連アプリ

 アプリ


全国五つ星の手土産

全国五つ星の手土産

  • 定価:960
  • 岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・...>>続く
App store


全国五つ星の手土産

全国五つ星の手土産

  • 定価:960
  • 岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・...>>続く
Google Play